汚部屋を掃除。そして、古い家電は使わない!事故を未然に防ぐために。

   2015/04/22

きちんとまとめるだけで、部屋は変わる。
 
汚れ部屋ビフォー
こんばんは!
片付け修行中のゆみちん@yumi_HappyStyleです(´∀`)ノ
 
夫のクローゼットがある部屋は、物置部屋、もとい、汚部屋です。
じぶんが使わないものだから、かなりの期間、放置されます。
夫よ、ごめん・・・。
 
スポンサードリンク

 
クローゼットを片付けたついでに(ついでか!)、捨てるものはまとめたりして、片付けてみました。
 
汚部屋アフター
たったそれだけでスッキリします。
ついつい後回しってのは、やめようと、いつも思うのですが、思うだけで終わります。
たまにだけど、片付けばいいのかな(こら)
 
それにしても、使っていないファンヒーターが1台あるのですが、先日、テレビで家電製品の使用年数をやっていました。
あまり使ってないファンヒーターだったのですが、売りにいったら製造年月日的に買い取り不可だったので、実家に送って使ってもらおうかと考えていたのですが、やっぱりやめておこうと思いました。
 
壊れるまで使う・・・という手段もありますが、電気を使う家電製品は、使用年数が過ぎたら買い替えたほうが無難だな、と思いました。
 
あまり使ってないからもったいない。
古いけど壊れてないからまだ使える。

 
でも、それが原因で事故になったら・・・。
 
家電製品は、そんなに使っていなくても、確実に部品は劣化しているそうです。
 
事故の多い家電No.1は、古い扇風機です。
 
実家にも1台、30年以上活躍している扇風機があったのですが、エアコンを設置してもらうのに来ていただいた業者さんに、
 
この扇風機、すぐに使うのやめてください!
 
と、注意をされてしまったそうです。
ある日突然、煙を出して燃えてしまう可能性がありますから・・・とのことでした。
なにか起きてからでは遅いです。
 
ちなみに、コタツやカーペットもコンセント部分が危ないそうです。
これも実際に、わたしの実家で事故寸前のことが起きました。
 
これまた30年以上使っていたホットカーペットのコンセントとの接続部分から、突然煙が出始めました。
 
運がよかったのは、すぐそばに人がいたこと。
 
煙が出とるよ!ってすぐに気付いて、コンセントを抜くことができたので大事には至りませんでしたが、うっかりカーペットをつけたままだれもいない状態になっていたりしたら・・・と考えると、とてもおそろしいですね。
 
 
家電製品を中古で買う場合は、使用年数に注意が必要です。
家電そのものに書いてあることは少ないそうなので、ネットで確認したり、店員さんに調べていただいたりしてから買うのがいいかもしれません。
 
モノには使用年数がある。
心得ておきたいものですね。
 




★こちらの記事もどうぞ★

この記事が気に入ったら
「いいね!」してね

最新情報をお届けします

Feedlyに登録すると更新情報が届きます。
follow us in feedly
Instagram ← インスタ始めました。

シェアしてもらえるとうれしいです。