備えてますか?災害用備蓄食料品も、パルシステムで年に1回買い替えています。

 

持ちすぎていてもいいのは、災害用備蓄品くらい。
 
k15031102
こんばんは!
片付け修行中のゆみちん@yumi_HappyStyleです(´∀`)ノ
 
今日は3月11日です。
東日本大震災から、ちょうど4年が経ちました。
 
まだまだ避難生活をされている方がいらっしゃったり、復興までの道のりが遠かったりという現実を知ると、こころが痛みます。
 
わたしにできることは何か。
いまいちど、考えてみたいと思います。
 
スポンサードリンク

 
関東に引っ越してきてから、備蓄品を準備するようになりました。
懐中電灯や電池、ヘルメットなど、避難用品も少しずつ集めました。
 
食糧の備蓄は、生協の宅配パルシステムで注文するようにしています。
 
k15031103
2月の上旬に、食料品の備蓄セットの案内が届くようになっています。
そして、それを注文すると、こんせんくんバッグとともに3月末に届きます。
 
前年に頼んだ備蓄品は、新しい備蓄品が届いたら消費していきます。
 
備蓄品も、使いながら備蓄する。
 
食べ物ですから、いつか消費期限がきます。
それを逃して捨ててしまうのはもったいないです。
せっかくなら消費期限前にしっかりと消費したいもの。
 
パルシステムのこの方法は理にかなっていると思うので、毎年利用するようにしています。
こんせんくんバッグが毎年届くのは微妙なところですが(´・ω・`)
 
子どもが大きくなってきたので、備蓄セットとは別に、個別に注文して備蓄しておこうと思います。
 
備蓄品や災害避難用品をみてみると、まだまだ備えが足りないと感じました。
今日という日を基準に、また見直していこうと思います。
 
備蓄品も、注文する時期になると生協のお兄さんが教えてくれるので、忘れっぽいゆみちんは大助かり。
一時期はやめようと思っていた生協ですが、やっぱりやめられない。
便利なツールはいっぱいもっていたほうがいい。
↓ ↓ ↓



生協のパルシステム自体の利用経験がない方は、お試しセットがありますのでまずはここから始めてみては。
(災害備蓄品のお試しではありませんので、ご注意を。)
 




★こちらの記事もどうぞ★

この記事が気に入ったら
「いいね!」してね

最新情報をお届けします

Feedlyに登録すると更新情報が届きます。
follow us in feedly
Instagram ← インスタ始めました。

シェアしてもらえるとうれしいです。