【IKEA】おもちゃ収納をキレイにしたい。小さめBILLYでしっかり収納する。

   2015/05/12

ちょっとご無沙汰です。
 
k15042002
おはようございます!
片付け修行中のゆみちん@yumi_HappyStyleです(´∀`)ノ
 
実は、こちらの片付けブログのおかげで、雑誌に掲載していただくことになりました。
その取材の準備とともに、いろいろと予定がびっしり重なってしまっていたため、この土日は完全に燃え尽きていました。
雑誌の発売はまだ先ですが、近くなったらまたお知らせいたします。
 
先週のIKEAネタがまだ残っています。
今日は、子ども部屋の収納の話。
 
いま使っている白いラックは、子どもたちにはちょっと使いづらいようです。
 
スポンサードリンク

 
ということで買った、BILLYシリーズの小さいタイプ。
 
k15042001
最近見るようになった、背の低いBILLYです。
このシリーズは、大きなカラーボックスといった感じ。
いやでも、カラーボックスよりはしっかり、どっしりしています。
 
このBILLY、大きいものが主流だったのですが、半分くらいの大きさが発売されました。
 
[amazonjs asin=”B0084DIKC0″ locale=”JP” title=”イケア BILLY 書棚 ホワイト W80xD28xH106 IKEA”]
 
相変わらず通販代行サイトは高いですね。
IKEAで買うと、5,999円です。
 
カラーボックスのようなものなので、組み立てもいたって簡単。
電動ドリルなども必要ありません。
 
k15042003
ガシガシ組み立てていきます。
このBILLYシリーズで優秀なのは、幅木への配慮があるところ。
 
k15042004
幅木だけでなく、うしろにコードを通すこともできます。
こういうちょっとした工夫があると、ぐっと利用価値が高まります。
 
白いラックをよけて、BILLYを設置してみました。
 
k15042005
収納力がずいぶんあがりましたね。
 
モノの量に合わせて収納家具・収納グッズを増やさない。
 
これは持ちすぎない暮らしの鉄板ルールです。
本来であれば、ラックの大きさにあわせて使いやすいようにモノを減らすのがいいでしょう。
 
ですが。
 
ラックは使いづらい。
なぜなら、うしろにモノが落ちるから。

 
うしろに落ちたおもちゃは死蔵品となっていきます。
使われずに、放置され、ホコリにまみれて忘れ去られます。
 
そんなおもちゃが、ゴロゴロと出てきました。
このラックも、あれこれ手を加えて10年選手です。
 
そろそろ買い替えてもいいかなと思ったので、今度はうしろに落ちないBILLYを購入。
 
一応、子どもたちの成長も考えて、書棚タイプを選びました。
これなら、今後おもちゃの活躍が減ったとき、書棚として活躍させることができます。
ですので、IKEAで人気のTROFASTは、使用期限や使用方法に悩みそうなのでやめておきました。
 
長くなってきたので、ここで切ります。
次は、このBILLYにどう収納したかをご紹介します。
 




★こちらの記事もどうぞ★

この記事が気に入ったら
「いいね!」してね

最新情報をお届けします

Feedlyに登録すると更新情報が届きます。
follow us in feedly
Instagram ← インスタ始めました。

シェアしてもらえるとうれしいです。

★出版しました★ トラック1台で引っ越せる物量で暮らせる「循環ライフ」

当ブログにある画像・文章をまとめ系キュレーションメディアおよびNAVERまとめ、個人ブログ等で引用・転載を超えた範囲で使用しないでください。著作権はすべて当ブログ管理人に帰属します。(ただし、フリー素材は除く。)
文章、画像等のコンテンツを利用されたい方は、フェイスブックページよりご連絡くださいませ。
フェイスブックページ:Junkan-Life