貧乏ことばを封印したら、なんか知らんけど、お金が減ることがなくなってきた。

 

お金を貯めるようになってきて、封印した「貧乏になることば」。
 
k15050901
夫と結婚することを決めた12年まえから、お金を貯めるようになりました。
結婚資金に貯めたお金は、わたし100万円、夫150万円。
あわせて250万円を、1年で貯めました。
 
わたしは、夫と出会った当時、100万円くらい借金を抱えていましたので、マイナスからのスタートです。

ローンを完済しながら貯めていたときは大変でしたが、完済後はおどろくほど貯まるようになりました。

あの当時は、ただただ貯める一方でした。
でも、ここ5年ほどは、家計全体を考えながら、いろいろなことやモノを見直しています。

お金が貯まるようになってきて、封印した言葉があります。
 
この言葉を言わないだけで、お金が貯まるようになるといったら、あなたはどうしますか?
 

スポンサード リンク

貧乏ことばを封印しよう

心屋さんの一生お金に困らない生き方を読んでいて、そういえばじぶん自身が実践していたことを思い出しました。
それは、
 
お金がないという言葉を口から出さないこと。
 
独身時代、浪費しまくっていた頃には、毎日のように「お金がない。」と連呼していました。
会社で集めるお祝いやご香典すら、お金がなくて払えないくらいでした。
 
お金がないのは収入が低いからだ。
支出が多いから仕方ないんだ。
車を買ったから、飲み会が多いから、友人と遊びたいから。
 
いま考えれば、お金は「あった」んですけどね。
支出が多かったし、車も買いましたし、友人とも遊んでましたから。

そういうことをするお金はあった。

それに気づいていたんですが、お金が貯まらないことを何かのせいにしていたほうが、断然ラク。
だから、ずっと言い訳していました。

でも、結婚をするには、どうしてもお金が必要です。
結婚式をあげなくても、家を借りたり、家電を買ったりするお金は必要ですよね。

気持ちを入れ替え、覚悟を決め、お金を貯めるようになってきて、お金がないという言葉を封印しました。

一切、口にしなくなって、変わってきたことがあります。
それは、
 
お金がない状況でも、お金はある!と思うようになったんです。

無理やり思い込むというのではなく(笑)
いまあるお金から、やりくりしようと考えるようになっていきました。

そうしたら、お金もたくさん残るようになったんです。
 
おかげで、お金にポジティブなイメージも持てるようになりました。
 
マンションも買いました。
車も買いました。
でも、なんか知らんけど、タイミングよく保険が満期になったり、夫の転職で退職金が数百万円も転がり込んできたり。
 
あの時期は、ほんとに不思議だったなぁ。
なんか知らんけど、すべてがうまくいっていました。
 
お金は「ある」と思うようにしよう。
 
そう本に書いてありました。
そうか、心屋さんの本はこういうことが言いたかったんだな。
じぶんも、そうなっていたんだということに、ふと、今日気づきました。
 

保険や退職金のときには、お金がないと思ったことがなかったので、自然とできていたのかもしれません。

それに、過去を振り返っても、借金は背負いつつもお金があるから完済できました。
なんか知らんけど、「お金がない」という言葉を封印してからは、仕事に恵まれて、副業もしながら月30万円くらい稼げていました。

うん、やっぱりお金は「ある」のかもしれないですね(笑)

ないと思うからなくなる。
あると思うと、ある。
心のあり方ひとつで、現実が変わっていく。

だとするならば、まずは「お金がない。」という言葉を封印してみませんか?
それだけで、現実が変わりはじめるかもしれません。


スポンサード リンク


★こちらの記事もどうぞ★

この記事が気に入ったら
「いいね!」してね

最新情報をお届けします

Feedlyに登録すると更新情報が届きます。
follow us in feedly
Instagram ← インスタ始めました。

シェアしてもらえるとうれしいです。