お盆の帰省で実家を片付ける。姉妹3人で45Lのゴミ袋を8袋分処分しました

   2017/01/30

実家にある、じぶんのモノ。ありませんか?
 
k15061101
前の冬、実家に帰ったときに、じぶんのモノを処分してきました。
姉妹3人でがんばって片付けてきましたが、45Lのゴミ袋、8袋分にもなってしまいました。
 
実家に、モノを置いてきていませんか?
 

実家にあったじぶんのものを片付けました

青春時代のはずかしいものも、あるかもしれません。
わたしは大量にありました。
 
しかも、律儀に母が姉妹ごとに段ボールなどに仕わけしてくれていたので、ちらっとでも見られたのかと思うと、顔から火が出るほど恥ずかしい。
 
うちの母も60代に突入し、持病もあってなかなか片付けまで手が回らなそうです。
それに加えて、モノは少ない!と豪語しておりますし、100均グッズで収納を考えるのが大好き。
たしかに、収納はすっきりされてるんですよ。
 
母の服とかモノは整然と収納されています。
(最近は若干それもあやしくなってきましたが・・・)
 
親のモノまで処分するとなると、かなりハードルがあがります。
でも、じぶんのモノの処分なら簡単です。
 
今回の帰省で、わたしは亡き祖父母、父のものを片付けてみようかと考えています。
まずは祖父母のモノから。
 
祖父は時計や古銭が大好きでたくさん収集していました。
祖母は切手。
父はアクセサリー類がたくさんあります。
 
母は、義務感から手放せないでいるようです。
 
でも、もう3人が他界して、13年以上経ちます。
そろそろ、その義務から解放されてもいいかもしれません。
 
話をしてみます。
自宅まで来て買い取ってくれるとろこがあるよ、と提案してみようかと思います。
  
ただ捨てるのは惜しいですが、まただれかのところで活躍してもらえるなら、手放せることもあるかもしれませんね。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


★こちらの記事もどうぞ★ Feedlyに登録すると更新情報が届きます。
follow us in feedly
Instagram ← インスタやってます。

★出版しました★ トラック1台で引っ越せる物量で暮らせる「循環ライフ」
>>レビューまとめページはこちら

当ブログにある画像・文章をまとめ系キュレーションメディアおよびNAVERまとめ、個人ブログ等で引用・転載を超えた範囲で使用しないでください。著作権はすべて当ブログ管理人に帰属します。(ただし、フリー素材は除く。)
文章、画像等のコンテンツを利用されたい方は、フェイスブックページよりご連絡くださいませ。
フェイスブックページ:Junkan-Life