ひとと比べずに生きるということ。ミニマリスト的思考を身につけて自由になる。

   2015/12/29

ミニマリストをめざしてみようかと、思ってしまってるじぶんがいます。
 
k15070101
ぼくたちに、もうモノは必要ない。 – 断捨離からミニマリストへ –を読み続けています。
読めば読むほど、ミニマリスト的生き方に引きこまれてしまいます。
 
この本を読み進めていて、じぶんにとって必要なのはこれだったんだと気付きました。
 
スポンサードリンク

 
わたしは、ひとの視線はそこまで気にしませんが、ひとと比べてしまうことがよくあります。
あの人はあんなことができるのに、どうしてじぶんにはできないんだろう・・・という比較です。
 
この気持ちのすべてが悪いことだとは思っていません。
わたしは、人と比べることで、じぶんを高める努力をしてきました。
そして、なりたかったじぶんを手に入れてきました。
 
でも、それで手に入れたものに、決してこれまで満足してきたことがなかったんです。
 
この本にも書いてありましたが、目標としているひとに勝ったとしても、また次のターゲットを見つけてしまうんです。
結局、堂々巡りにしかなっていないのです。
 
ひとと比較して、じぶんからバトルモードに入っていく思考回路は、かなり疲弊します。
満足できないので、いつもどこかで不満を感じています。
 
ミニマリストは生き方を提言しています。
 
じぶんにとって、必要なものだけ持って生きて行く。
それは、モノだけではなく、思考自体もそうであるようです。
 
必要なものを持つ(選ぶ)ために、やらない選択をする。
いらないものは持たないという選択をする。
そうして残ったものだけが、じぶんにとって必要なもの。
 
わたしにとって、必要なものとはなんだろう。
 
家計を片付け、モノを片付けました。
次は、じぶん自身の思考回路で、いらないモノを断捨離したい。
 
ひとと比べないじぶんになるために、ミニマリスト的な思考をしてみたい。
 
そう、背中を押してもらえた本でした。
ひとと比べないじぶんになれたときは、きっととても穏やかな世界が待っているんだろうなぁ。
 
 




★こちらの記事もどうぞ★

この記事が気に入ったら
「いいね!」してね

最新情報をお届けします

Feedlyに登録すると更新情報が届きます。
follow us in feedly
Instagram ← インスタ始めました。

シェアしてもらえるとうれしいです。