見栄を張らなければ、お金は貯まる。そして心も軽くなり、自由になる。

 

人と比べない。人と張り合わない。
 
k15080601
モノを持つ理由を分類すると、
 
・必要だから
・欲しいから
・まわりが持っているから

 
という欲求に分けられると思います。
ミニマリストは、「必要だから」持つということだけにフォーカスした生き方です。
 
わたしは、お金が貯まるようになってきて、「欲しいから」「まわりが持っているから」という理由でモノを買うことがなくなりました。
 

スポンサード リンク

見栄は意外と隠れもっている感情である

もし、まわりが持っているからという理由でモノを持ったり買ったりしているのだとしたら。
それは、立派な見栄になるんだろうなと思います。
 
見栄の定義は、

見た目。外観。みば。
見た目の姿を意識して、実際以上によく見せようとする態度。

だそうです。
 
見栄を張る。

人間ならばよくとってしまう行動なのではないでしょうか。
モノの保有だけではなく、あらゆる場面で、人は他人よりすぐれていると感じたい生き物だからです。
 
わたしは、人とじぶんを比べて負けず嫌い魂を炸裂させることはありますが、お金が貯められなかったときも、他の人に勝ちたいと思ってモノを買うタイプではありませんでした。

どちらかというと、単純に保有したい・欲しい、ただそれだけ。
 
その基盤があったからか、おかげで、家を買うときも、豪華な家に住みたいと思うこともなく、ひとよりもいい家に住みたいと思うこともありません。

身の丈にあった中古マンションを安く買って住むという結論に行き着きました。
 
車もそうです。
税金の高いでっかい車はいらない。
でも、長く乗りたいから新車がいい。

そう思って、家族4人が乗れるだけの小さなコンパクトカーを買いました。
 
洋服も、ユニクロだろうがイオンだろうがしまむらだろうが気にしません。
じぶんに似合っているか、もう、むしろ着ることができればいいんです。
 
人の目を気にしすぎていたら、なかなかできることではないのかもしれませんね。

だけど、もし、そのこだわりすら「見栄」だとしたら・・・??
考えたことありますか?

ほんとうの意味で自由とは

じぶんの選びとっている選択肢は、本当の意味でじぶんにとって見栄ではないと言い切れるでしょうか。

たとえば前述したように、わたしは豪華な家に興味がなく、身の丈にあったマンションを買った・・・と思っているのですが、心の奥底では、お金のことで2度と失敗したくないという「恐怖心」があるから、そう思っているかもしれません。

もしそうであるなら、失敗をして恥ずかしい、失敗してバカにされたくないという、隠れた見栄の心があるのかもしれませんよね。

一見すると堅実そうに思える考え方でも、他人の目を気にしてそうしようと決めてしまっているのなら、それは立派な「見栄」の気持ちとなります。

お金がかかるから大きな車はいらないって思っていても、本当はどこかで大きな車に乗って快適にドライブがしたいのかもしれない。

ユニクロを選び、しまむらを着ることを全然なんとも思わないのですが、洋服にお金をかけるべきではないという、じぶんの思い込んだ気持ちも隠れているのかも。

じぶんはこういう生き方をしていく!
なぜならこうだから。

そう強く思う気持ちを否定はしません。
裏側に見栄が隠れていないなら、本当のじぶんの生き方になるのでしょう。

わたしは、最近そこに気づいてきました。
じぶんでも気づかなかった、隠れた見栄の心がある、と。

気づいてからは、本当はじぶんがどうしたいのか、他人のフィルターではなく、じぶんのフィルターを通して考えるようにしています。

少しでも他人の目を気にして生き方を選んでいるのだとしたら、本当のじぶんはどう生きていきたいのか、もう1度考えてみるいい機会になりますよ。

こうあるべきだからこうする、よりも、こうしたいからこうする!のほうが、よりじぶんらしい。
見栄もない、純粋な気持ちですよね。

本当の意味でのミニマリストとは

見栄は根深いです。
わたしには見栄の気持ちなどほとんどないと思っていたのですが、まったくそうではありませんでした。

隠れた見栄の気持ちが、あとからどんどんと溢れてきています。
だれかに勝ちたいというわかりやすい見栄ではなく、他人に批判されたくないという隠れた見栄の心です。

とはいえ、その隠れた見栄の心があったからこそ、わたしは明確な目的を持ち、行動してくることができました。
お金を貯めることを優先するという目的です。
 
ぶれない目的があるから、じぶんたちの選択に自信が持てました。
今後も、それは続けていくつもり。

でも、これまでのような「恐怖」からくる見栄はバッサリ捨てて、じぶんが本当に希望する行動をとっていきたい。
 
ミニマリストについて考えていると、じぶんの頭のなかもすっきりしてくるんだなと、ぼくたちに、もうモノは必要ない。 – 断捨離からミニマリストへ –を読んでわかりました。
 
お金を貯めはじめて、モノが多いことに気づき、片付けをはじめた。
 
モノを減らしてよかったなと思うことは、掃除が早く終わること。
じぶんの時間が作れること。
隠れた見栄を見つけられること。

 
それはとても快適で心地いいものです。
でも、まだまだ「手放したいモノ・考え方・気持ち」がたくさんあります。
 
必要なモノだけで暮らすというミニマリスト的思考には、学ぶところがまだまだありそうです。




★こちらの記事もどうぞ★

この記事が気に入ったら
「いいね!」してね

最新情報をお届けします

Feedlyに登録すると更新情報が届きます。
follow us in feedly
Instagram ← インスタ始めました。

シェアしてもらえるとうれしいです。