受け取り方を変えると答えが見える。好きなことだけやればいいんだ。

   2015/08/11

投げかけられたものを受け取ったら、答えが見えました。
 
15080701
おはようございます!
片付け修行中の ゆみちん です(´∀`)ノ
 
心屋仁之助さんの本「好きなこと」だけして生きていく。を読み終わりました。
いつも思うんです。
心屋さんの本、最初はピンとこないなぁ、と(笑)
 
でも、あとからじわっとわかってきます。
 
スポンサードリンク

 
好きなことだけして生きていく。
そんなことができたら、どんなに良いことでしょう。

 
でも。
わたし、わりと好きなことだけして生きてきたように感じます。
それによりデメリットも受け取っています。
 
誤解を恐れず書くと、わたしは毎日定時に出社するということが苦痛で仕方ありませんでした。
そして、仕事がないのに会社でぼーっとしていることも苦痛でした。
印刷会社に勤務していたので、どうしても閑散期にはそういうことがありましたので。
 
だから、ずっとアルバイトでいました。
印刷会社だけでなく、他で出ていたアルバイト先からも正社員の話があったのですが、それでも正社員よりバイトのほうが好きだったので受けませんでした。
 
副業も自由にできますし、辞めたくなったら辞められます。
たとえお給料が少なくても、自由に働けるというポジションは手放せませんでした。
 
正社員にならないということは、賞与や退職金制度がないということ。
お給料も保障されませんし、福利厚生も満足いくものではなくなります。
雇用も不安定なので、不景気になればあっという間にバイト切りされてしまいます。
なんの保障もありません。
 
社会的な地位もありません。
信用もありません。
お金なんて借りられません。
 
だけど、バイトという立場のほうが自由で好きだったのでそうやって生きてきました。
そして、いまがあります。
 
いまは、開業してスモールビジネスをひとりで営んでいるので、ひとり親方です。
ほんとうに自由です。
そして、好きなことばかりしています。
収入は月15〜20万円くらいなので、決して大金を稼いでいるわけではないけれど。
 
好きなことをするということは、それと引き換えにデメリットもいっしょに受け取らなければいけない。
 
でも、それって、そんなに深刻なものってないんですよ。
そして、そのデメリットを受け取っても、逆にメリットに変えてしまえることもできるんです。
 

「好きなこと」だけして生きていく。
著者/編集:心屋仁之助
楽天ブックスはこちら。
 
ほんの少しでいいそうです。
 
普段、休んじゃダメだと思ってるなら、休んでみる。
みんなが仕事してるときに旅行なんて・・・って思ってるなら、旅行にいってみる。
無駄使いなんてダメ!なんて思ってるなら、コンビニでいちばん高くて贅沢そうなものを買ってみる。
 
少しずつ、少しずつ好きなことをしていくと、人生はもっと輝きだす。
それって、ワクワクしますよね!
 
わたしも今日、好きなことを好きなときに好きなだけ書くぞ!と決めてしまいました。
これまでは、メリットの多い記事だとか、とっても良い商品とか、そういう読者さんに役立ちそうな記事を優先して書いてきました。
これを書いたら役立つかな?とか、こう書いたら商品についてもっと詳しく理解できるかな、とか。
 
もちろん、それはこれからも必要に応じてするつもり。
それも仕事の1つですから!
 
だけど、それよりももっと「いますぐ書きたいこと!」を優先しよう!って決めたんです。
こんなこと書いてつまらないと思われるかも・・・とか、そういった恐怖心は、今日捨てました!
 
なにかを受け取ったとき、人の目を気にした受け取り方をするのではなく、受け取ったじぶんの気持ちにフォーカスしてみる。
 
それだけで、余計なことがそぎ落とされて、考えがまとまっていく気がしています。
 
それに気づかせてくれた読者さんには感謝です。
 
わたしは人に恵まれています!
ああ、今日も幸せなことがありました。
うれしいですね!
 




★こちらの記事もどうぞ★

この記事が気に入ったら
「いいね!」してね

最新情報をお届けします

Feedlyに登録すると更新情報が届きます。
follow us in feedly
Instagram ← インスタ始めました。

シェアしてもらえるとうれしいです。