人生を変えたいから片付ける。ではなく、片付けで変化を生み出そう。

   2016/01/12

片付ければ人生が変わる?モノのせいにしないで前向きにとらえよう。
 
k15080301
わたしは、家計ブログを運営しているので、たまに家計に関する相談を受けます。
そのときに、アドバイスをすることもあります。
そのアドバイス通りに行動するひとは、比較的、少数です。
 
それはどうしてでしょうか。
 
スポンサードリンク

 
わたしのアドバイスが的確じゃないから、なんて意地悪な回答はなしですよ(笑)
人間が、すんなり行動できない理由があるんです。
それは、
 
人間は急激な変化に弱い生き物だから。
現状維持がここちいいから。

 
という原因が根本にあるからです。
 
こういうとき、どうしても「アタマ」で物事を考えてしまいます。
損得だけで考えるクセもあります。
メリットとデメリットをさささーっと計算して、結局、「できない・やらない言い訳」を考えて、現状維持を求めてしまうのです。
 
甘いモノを食べなければ、体重は落ちるってわかっているのに、目の前の快楽には勝てないのがアタマなんです。
 
でも、ほんとうはダイエットしたい。
気持ちはいつでも正直ですよね。
 
変化になれるために、片付けを利用するのっていいかもしれないって、ぼくたちに、もうモノは必要ない。 – 断捨離からミニマリストへ –を読んで思いました。
 
どうしても「現状を変えたい」と思っているのに、なかなか変えることができないなら、部屋を片付けて環境を変えてみるのもいいのかもしれません。
 
これまでは、人生を変えたいから部屋を片付ける。という理由がどうしても理解できずにいました。
人生がうまくいかない理由を汚い部屋のせいにしているからです。
 
いつでもどこでも、なにかのせいにして生きているひとは、部屋を片付けても人生は変わらないでしょう。
人生がうまくいかない理由が、じぶんにあると気付けないから。
 
だけど、「現状を変えたいのだけど、なにから手をつけていいかわからない」とか、「変えることにものすごく抵抗があるけど、ほんとうは変えていきたい」という気持ちがあるなら・・・
 
部屋を片付けてみる。
模様替えをしてみる。
着ていない洋服を捨ててみる。

 
なんてことをしてみると、少しずつ変化することにも慣れていけるのかもしれませんね。
わたしは、変えることが大好きなので、もともと変化に対して怖れなども持っていませんでした。
 
むしろ、いつも新鮮でいたい。
現状維持は、いらない。
 
部屋の片付けや断捨離をじぶんを変えるきっかけにするのもアリですね。
それで人生が変わるかどうかはわかりません。
だけど、きっと「変わりたいと思ったじぶんの気持ちを大切にできた。」から、きっとここちいいのは確かです。
 
少しずつ、変わっていこう。


スポンサード リンク


★こちらの記事もどうぞ★

この記事が気に入ったら
「いいね!」してね

最新情報をお届けします

Feedlyに登録すると更新情報が届きます。
follow us in feedly
Instagram ← インスタ始めました。

シェアしてもらえるとうれしいです。