足快バスマットのお手入れ方法。クレンザーで軽くこすると吸水性が復活します。

   2015/12/29

布製のバスマットをやめて、珪藻土バスマットを使っています。
 
足快バスマット
こんばんは!
片付け修行中の ゆみちん です(´∀`)ノ
 
わが家は、布製のバスマットを使っていません。
代わりに、珪藻土で作られている、足快(そうかい)バスマットというものを使っています。
 
これ、とっても快適です。
家族が多い方、バスマットの洗濯や干したりといった手入れがめんどうだと感じている方は、ぜひ取り入れてみてほしい!
 
スポンサードリンク

 
珪藻土タイプのバスマットって、お手入れってどうするんだろう?って思いますよね。
 
実際、使い続けてくると、だんだん吸水しなくなってくるんですよ。
濡れた足を置いたら、すぐにカラッと乾いていたのに、だんだんと乾く時間が長くなってきたら、お手入れのサインです。
 
お手入れ自体は、とても簡単です。
 
最初にバスマットに水を含ませて、クレンザーでやさしくこすって、流すだけ。
 
お手入れ方法はいろいろあるのですが、わが家はこの方法で吸水性を回復させています。
だいたい3ヶ月に1回程度でいいので、とってもラクです。
 
珪藻土バスマットお手入れ後
この画像は、ちょうど洗ったあとの状態です。
しっかり乾ききるまでに時間がかかるのですが、乾き切らなくても普通に使えます。
そして、しっかりと吸水してくれます♪
 
サイズ比較
3歳の次女が乗っています。
大きさはさほど大きなものではないです。
 
子どもなら2人。
大人だと1人が乗れる大きさですね。
 
足快バスマットを買ったときの記事は、こちらにありますよ!
【足快(そうかい)バスマット】マットって必要?わが家唯一のマットをすぐに乾くバスマットに交換!
 
値段は6,000円弱と、正直高いなと感じるのですが、いま、人気が出てきてどんどん人売れてきているようです!
 
1回使ってみたらわかるのですが、この足快バスマットを使ってしまうと、もう布のバスマットには戻れないかも。
手入れもすごく簡単ですし。
 
毎日干す手間とか、ときどき洗濯する手間とか、カビの心配とか全然ないです。
 
わが家は、足快バスマットにしてよかったです!
とくにわたしは、マットのびしゃびしゃ感が大の苦手なので・・・
 
旅館では、4枚くらい並べて使ってるところもありました。
ズルッと滑ることがないので、安全性も高いです。
 

 
足快バスマット、これからも愛用していきますよ!




★こちらの記事もどうぞ★

この記事が気に入ったら
「いいね!」してね

最新情報をお届けします

Feedlyに登録すると更新情報が届きます。
follow us in feedly
Instagram ← インスタ始めました。

シェアしてもらえるとうれしいです。