住宅ローンもミニマムに。お手入れしながら住む、中古住宅という暮らし。

   2015/11/27

中古マンション、買ってよかった!
 
がらんとしたリビング
こんにちは!
片付け修行中の ゆみちん です(´∀`)ノ
 
わたしが住んでいる地域は、賃貸のほうが持ち家と比較すると住居費が高くなるという、変わった地域です。
たとえば、同じ間取りの部屋を借りようと思ったら、10〜12万円はするでしょうね。
 
わが家の収入では、10万円もする賃貸に入居することなんてできません^^;
 
だけど、築10〜15年程度中古マンションなら、月々6万円(住宅ローンだけでいえば月3〜4万円台)で手に入るような地域なんです。
住宅ローンって、戦略次第だなと思ってます。

スポンサードリンク

 
ミニマリスト本を読んでいて、意見が異なるのが「持ち家」について、ですね。
 

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 – 断捨離からミニマリストへ –
著者/編集:佐々木典士
楽天ブックスはこちら。
 
わたし自身は、中古マンション、もしくは中古住宅暮らしが大好きです。
売買の手続きはめんどくさくても、住み替え自体も後ろ髪を引かれることなくできますね。
 
わたし自身は、持ち家ですが住み替え前提で住んでいます。
 
また、もともとの価格が1,000万円程度なので、住宅ローン自体も賃貸の家賃より安くすみます。
 
家賃7万円なら、12〜13年分です。
それ以降は管理費のみ(2〜3万円程度)になりますね。
 
わたしは、賃貸でずっと暮らすというのもいいなとは思っていたのですが、なにかあったときに追い出されてしまう心配もついてまわったので、こどもが小さいうちは家を持つという選択をあえて取りました。
 
とくに、わたしは実家から遠く離れて住んでいますし、事情もあって何があっても実家に再び住むということはしないと決めていますから。
 
そうであるならば、身軽に住み替えられる中古住宅という選択肢って、ぴったりだなって思ったんです。
「団体信用生命保険」もついていますし。
 
ファイナンシャルプランナーの資格を取って、保険についてもたくさん学びました。
この世で最強の保険は、住宅ローン+団体信用生命保険だと感じています(笑)
 
ほかの生命保険や医療保険は、選び方を間違えると、それだけで浪費になってしまいます。
 
★参考記事
生命・医療保険を契約するまえに、身につけておきたい基礎知識。
 
話がそれました。
 
お給料が右肩あがりでなくても、無理せず買うという選択を選べる中古住宅は、アリだなと、実際に買ってみて感じました。
 
家については、持つ・持たない、損・得の議論もされていますが、どうしても、その議論のなかに、中古住宅が入り込んでないのが残念ですね^^;
 
なんだろう、古くて狭いっていうイメージがあるのかもしれませんね。
 
わたしが住むマンションは、3LDKで72平米くらいです。
バルコニーは2面ついてます。
 
4人で暮らしていて、狭い感じたことはないですね。
モノを持たないようにしてからは、むしろ広い!と感じるようになりました。
 
住宅を買って失敗した!と感じる方のほとんどが、身の丈にあわない住宅ローンを組んでしまったこと。
 
住宅を買うときは、たとえ中古住宅でも、身の丈にあわないローンは組まない。
住宅ローンも「持ちすぎない」ということが大切です。
 
戦略次第では、賃貸よりも安く住みながら、快適な住環境を手に入れることも可能です。
ちょっとお手入れしながら住む、というのがまた楽しいのです^^
 
★関連リンク
ビルトインコンロを交換しました。少し良いモノを取り付けて投資しています。
 
中古住宅も、いいものですよ!




★こちらの記事もどうぞ★

この記事が気に入ったら
「いいね!」してね

最新情報をお届けします

Feedlyに登録すると更新情報が届きます。
follow us in feedly
Instagram ← インスタ始めました。

シェアしてもらえるとうれしいです。