冬の節電対策には、こたつテーブル×ホットカーペット!じんわり暖かくて心地いい。

 

こたつ暮らし、快適です!
 
こたつ 冬の節電対策
こんにちは!
片付け修行中の ゆみちん です(´∀`)ノ
 
こたつ暮らしをはじめてから、数日が経ちました。
かなり快適な毎日です。
 
何より、家族だんらんが増えました!
 
スポンサードリンク

 
こたつにしてから、自然と家族が集まってるんですよね。
いちばん暖かくて、心地良い場所なんだと思います。
 
おかげで、家族でかたまってすごく時間が、これまでより長くなりました。
 
少し大きめのこたつテーブルにしたので、子どもたちがお絵描きをしながら、わたしがパソコンで仕事をするスペースもあります。
買って正解でした。

ホットカーペットの上にこたつは最高に暖かい!

いま、こたつの下にホットカーペットを敷いています。
ニトリで買ったものなのですが、このホットカーペットは上にこたつを置いてOKのものなんです。
なかにはNGのものもあるとか。
 
いまはこたつの電源は入れず、ホットカーペットのみ入れて使ってるんですが、ものすごく暖かいんですよ。
 
こたつの電源を入れていても、床が冷たいとあまり暖かさを感じませんが、逆に床(ホットカーペット)があたたかいと、こたつの中はほっかほかです。

冬の節電対策&工夫

わが家の暖房器具は、ホットカーペット・エアコン・こたつの3つです。
電気代的にいうと、エアコン > ホットカーペット > こたつになるでしょうか。
 
こたつが意外と電気代がかからないというのは知りませんでした。
けど、よく考えたらそうですよね。
 
こたつはテーブルのなかのみを温めて、しかもこたつ布団であたたかい空気を逃がさないようになっています。
 
エアコンは、部屋全体を暖めるものですし、また気温差が大きいほど電気使用量も増えるので、効率はよくないですよね。
 
できるだけ使わないほうが、電気代的には優しいですね。(とはいえ、つけないと命に関わるときもあるので、節電もほどほどに・・・)
 
ホットカーペットは、どうでしょうか。
こたつと同様に考えれば、じぶんが座っているところだけあたためるものであれば、比較的電気代が安く抑えられそうですね。
 

山善(YAMAZEN) ミニマット(50角)ホットカーペット YMM-K503
 
1人暮らしであれば、40〜50cmくらいのものが1枚あるといいですね!
 
家族で過ごす場合、小さいホットカーペットだと争奪戦になってしまいます(笑)
 
4人家族でホットカーペットを使うなら、2畳用くらいがベストサイズですね。
大きいサイズほど使用電力は増えるので、ギリギリ入るくらいがおすすめです。
 

U-ING 電気カーペット本体ユニット 2畳相当 UC-20H
 
ホットカーペットを敷くときは、床に直接敷くのではなく、床とホットカーペットの間に、断熱シートやラグを引くと節電になりますよ!
 

保温シート アルミホットンシート 2畳用 SS-794
 
さらに暖かさを求めるなら、ホットカーペット×ひざかけは最高にあたたかいですね!
テレビを見るときや本を読むとき、ホットカーペットの上でゆっくりするときは、ひざかけを使ってみてください。
 
「強」設定じゃなくて、「中」や「弱」でも十分な暖かさになりますよ!
 
電気代的にいちばん安いのは、わが家にはない、ひざかけタイプの毛布です。
 

なかぎし 電気ひざ掛け毛布 140×82cm NA-055H-RT チェック(レッド) 日本製 ナカギシ ホットブランケット 丸洗いOK ダニ退治 室温センサー付
 
なんと、丸洗いできるんですって。
しかも、「強」設定でも1時間の電気代は約0.7円程度。
 
受験勉強しているときに欲しかったなぁ^^;
毛布でぐるぐる巻きになってやっていましたから・・・。
 
肩に1枚と、足に1枚と、2枚あれば最高に暖かそうです^^

できる範囲で冬の節電に取り組んでいく。

わが家はマンションです。
日中は暖房がいらない日も多いもの。
 
なるべく1人のときにはエアコンは使わず、こたつやホットカーペットで乗り切りたい。
 
そのときは、ホットカーペットを「中」設定で、半面だけ使うようにすれば、最小限のスペースだけあたためることができて効率的です。
 
できる範囲での冬の節電、取り組んでいきますね!


スポンサード リンク


★こちらの記事もどうぞ★

この記事が気に入ったら
「いいね!」してね

最新情報をお届けします

Feedlyに登録すると更新情報が届きます。
follow us in feedly
Instagram ← インスタ始めました。

シェアしてもらえるとうれしいです。