足元、ほっかほか。小さな子どもがいても安心して使える暖房器具。

 

日本全国雪模様のなか、千葉だけは降ってません(笑)
 
ヒーター
千葉は関東の南国!なんて言われるほど。
山口から千葉にきて9年半ですが、気候が安定していて住みやすいなぁと感じています。
 
そんな千葉でも、寒い日は寒い!!(あたりまえですね。笑)
 
子ども部屋にしている部屋は北向きで日もあまり当たらず、1日中ひんやり。
夏はいいけど、冬は寒すぎる。
 
そこで、足元からあたたまる暖房器具を買いました。
 
スポンサードリンク

ミニパネルヒーター

ちいさい子どもがいると、火を使わせるわけにはいきません。
かといって、突然のことなので、さすがにエアコンを取り付けるまでにはいかず^^;(いずれつけますが。)
 
とにかく足元が寒いということでの、パネルヒーターです。
 
ヒーター
YAMAZENのミニパネルヒーター。
ちょうどよい大きさで、机の下に置いています。

以前、オイルヒーターを持っていたのですが、電気代がおもいのほか高くついてしまったので、売却しました。
あたたまるのに時間もかかります。
 
ただ、空気も汚れないですし、部屋全体があたたまるので、とてもよい商品なのは間違いなかったのですが・・・
電気代が気になりました^^;

ミニパネルヒーターの電気代は?

オイルヒーターと違い、部屋全体はあたたまりません。
あくまでも足元だけ。
 
じわ〜〜〜んとあたたかいです。
温度調節機能もついていて、6段階ほど選べるようになっています。
 
消費電力も低く、MAXで160Wほど。
使う時間も短いので、電気代はさほどかかることはなさそうです。
 
逆を言えば、それほどパワーがないので、場所によってはあたたかいと感じられないこともありそうです。
 
狭い空間、たとえば、机の下やちいさなトイレ、あるいはお風呂の洗面所などに、事前にスイッチをいれておいてから使う、という方法が良さそうですね。
 
もう少しパワーがほしいなら、遠赤外線のヒーターがよさそうです。
以前、うちも使ってました。

ただ、結構高温になるので、やけどには注意したいですね。
子どもが使う場合は、扱いかたをしっかり教えておいたほうがよさそうです。
 
その点、パネルヒーターの場合は、そこまで高温にならず、また扱いやすいというところがメリットです。
薄く、コンパクトなので持ち運びもしやすいです。
いまは、子ども部屋や洗面所で活躍しています。
 
値段は、4,000円弱でした^^
 

日本は四季がありますので、季節家電がどうしても増えてしまいますよね。
乾燥すれば加湿器も必要ですし^^;
 
工夫はしつつ、よりコンパクトで、使い勝手のよいものを選んでいきたいものですね。


スポンサード リンク


★こちらの記事もどうぞ★

この記事が気に入ったら
「いいね!」してね

最新情報をお届けします

Feedlyに登録すると更新情報が届きます。
follow us in feedly
Instagram ← インスタ始めました。

シェアしてもらえるとうれしいです。