脱衣所の収納改善。IKEAのスチール棚を設置して、見た目にも統一感を持たせました。

 

IKEAで収納棚を買ってきました!
 
スチール棚
スチール製の白い棚です。
MULIG(ムーリッグ)というシリーズで、サイズ違い・色違いもありますよ!
 
MULIG/衣類のお手入れをもっと簡単に
 
設置する場所は、脱衣所です。
 
スポンサードリンク

ムーリッグを組み立てて設置してみた。

これまでは、茶色も木製の収納棚を使っていました。
ずーっと、もう1段ほしいなぁと思ってたんですよね。
 
木製の棚
DIYしようかな・・・と思ったのですが、イケアでちょうど良いサイズのMULIGを見つけてしまったので、即ゲットしてきました。
 
組み立て中
スチール製ですので、組み立てはとっても簡単です。
このサイズなら、引越しのときに分解だって不要ですね!
 
「IKEA家具が引っ越し業者に嫌われている」と聞いたので、実際に問い合わせてみました。
 
15分くらいで完了。
イケアの組み立て説明書に、文字はまったく書いてありません。
すべて図で示されています。
 
最初はなれなかったけど、なんども組み立てているので、もう慣れてしまいました。
 
設置
設置してみました!
多少はみ出ることは想定の範囲内だったのですが、なかなかいい感じです。

収納グッズはもちろんヴァリエラです!

ムーリッグと相性がよかったのが、定番のヴァリエラ。
大きいタイプのほうです。
 
ヴァリエラ
並べて置いたところ、バッチリだったので4つ購入してきました。
 
並べて置いたところ
ここには、夫婦のパジャマを入れる予定です。
子どもたちは毎日着替えているので大丈夫なのですが、夫婦のパジャマは1日おきくらいなので。
 
全体像はこちら。
 
設置完了
タオルがハンガーに掛かっていますが、なにげにちょうどいいのでこのまま使いそうです(笑)
小さなつっぱり棒を使おうと思ってましたが・・・。
 
以前の茶色い棚だと、高さがなかったので洗面台にタオルが掛かっていたのですが、棚を変えて高さがでたので、ちゃんと掛けられるようになりました^^
 
空いている場所にはバスタオルを置く予定です。

洗面所に置いていたものも収納できた。

これまで、使いやすいからと洗面所に置いていた小さな洗濯板とウタマロせっけん。
その他もろもろのブラシとともにカゴへいれました!
 
道具
そして、棚のいちばん上へ。
 
洗面所
おかげで、洗面所も最低限のモノだけになりました。
すっきりですね。
 
水回りは掃除のしやすさが命です。
 
じつは、木の収納棚をやめたのは、カビがきてしまったから、というのもありました。
湿気対策には気をつけていたのですが、こもってしまういちばん下の棚に、カビがきてしまってたので・・・。
 
スチールならカビの心配もありませんし、お手入れもらくですね!
 
収納に使う場所によって、適する素材というものがあるのだなと気付かされた出来事でした。




★こちらの記事もどうぞ★

この記事が気に入ったら
「いいね!」してね

最新情報をお届けします

Feedlyに登録すると更新情報が届きます。
follow us in feedly
Instagram ← インスタ始めました。

シェアしてもらえるとうれしいです。