突っ張りタイプの物干し台を買ってみた感想。マンションのベランダにぴったりでした

 

物干し台を新調しました。
 
物干し台
先日、これまで使っていたサビサビの物干し台を処分しました。
 
片付けたいなら、先に捨ててみるべし!モノを減らすための鉄則とは
 
物干し台ナシ生活をしてみたのですが、やはり不便ということが判明^^;
ということで、あらかじめ目をつけていた突っ張りタイプの物干し台を購入しました。
 
わが家はマンションの中層階なのですが、これ、すごく良かったです。
 
スポンサードリンク

長さは270cmまで伸びるタイプ

突っ張りタイプの物干し台を購入する場合、設置部分の高さをはかっておく必要があります。
 
わが家は、250cmほどありましたので、最長270cmのものを購入しました。

設置してみたところ、なかなかまっすぐ立てることが難しい・・・
これは、ふたりがかりで設置しました。
 
突っ張っている
もう少し低い場所であれば、問題なく1人でも取り付け可能かなぁと思います。
 
下の部分をくるくるまわして締めていきます。
 
突っ張るとき
赤いラインが目安として書いてあるのですが、それを大きくはみ出してしまうようなら、再度上の部分を伸ばして突っ張り直す必要があります。
 
なかなか横に突っ張るより、縦に突っ張るほうが大変ですね^^;

ベランダに布団が干しやすくなりました

突っ張りタイプにした理由は、ベランダに布団を干すときに、以前の状態だと干しづらかったんです。
 
チャレンジ中
こんな状態でした。
洗濯ものや物干し竿を乗り越えるのに大変。
うっかり落としてしまったら、それこそ大事故です・・・
 
そもそも、洗濯バサミをパチンとはじいて落としてしまいそうになったこともありました。
なので、なるべくなら、ベランダの外壁側には洗濯ものを干したりしたくないですよね^^;
 
この突っ張りタイプの物干し台を部屋に近いほうに設置することで、洗濯ものを下に落とすリスクもなくなり、布団も干しやすくなりました。
 
また、突然の雨にもあわてなくて済みます。
 
物干し竿を受ける部分の高さも自由に変えられるので、長めのチュニックやワンピースも下段にかけることができました^^
 
微調整できるので、マンションでも戸建てでも活用できそう。
 
思っていた以上に使いやすいアイテムでした!
早くこうすればよかったなぁ・・・(苦笑)


スポンサード リンク


★こちらの記事もどうぞ★

この記事が気に入ったら
「いいね!」してね

最新情報をお届けします

Feedlyに登録すると更新情報が届きます。
follow us in feedly
Instagram ← インスタ始めました。

シェアしてもらえるとうれしいです。