お金のムダを出さない片付けは、在庫管理を徹底すること。キッチンの動線を改善させる

 

あしたから無印良品週間ですよー!
 
無印良品週間
ゴールデンウィーク期間中もあるので、ゆっくりみにいけそう^^
 
せっかくなので、キッチンの動線と食材の管理方法を改善するべく、いろいろ考えてみることにしました。
 
スポンサードリンク

食材の重複買いを防ぐ管理方法

わたしは、普段食べる食材は、ほぼすべておいしっくすで購入しています。
 
食材は必要なものだけ。おいしっくす利用でもっと便利に、ストレスフリーに。
 
キットオイシックスのおかげで、食材をムダにすることなく済ませられるようになりました^^
 
しかし、問題は乾物やパスタ、缶詰など保存食です。
保存食は2つに分類することができます。

  • 1ヶ月程度の賞味期限のもの
  • 1年以上保存可能なもの

保存食は災害時でも役に立つので、たくさんあっても問題はなさそうですが、賞味期限はしっかりと把握しておきたいですよね。
 
できれば、保存しながらも賞味期限が近づいたものから消費し、消費した時点で買うという方法をとっていくのが理想的かな、と思ってます。

キッチンを眺めてだいたいの配置をチェックする

キッチンの収納棚

キッチンの収納棚。
母が作ってくれたものなのですが、配置を変えることでもう少し使い勝手をよくすることができそう。
 
食器をもう少し減らすか、あるいはシンク下に移動させるかを検討中。
 
シンク下
実はガラ空き^^;
 
ただ、うちの扉は開くタイプのもの。
食器はよく使うものだから、いちいちしゃがんで扉を開いて出す、という行動が面倒になるかもしれませんね。
 
シンク下には、月に数回、もしくは年に数回使うようなものを収納しておくのが良さそう。
 
いま主流の引き出しタイプのキッチンであれば、仕切り板や無印のファイルボックスなどを使って、取り出しやすく収納することができそうです。
 
わが家では、お菓子のストックで使っています。
 
お菓子の収納
無印のファイルボックスのなかでも、四角いタイプのものはかなり使える収納です。
さすが無印といったところ^^

下の部分は使いづらい。取り出しやすい工夫が必要

保存食

いま、保存食やストック食材は、キッチン棚の下の位置に置いています。
ここ、意外と取り出しにくいんですよね。
 
じぶんの視線より下の位置にあり、かつ天板で隠れている部分なので、簡単に在庫をチェックすることができません。
 
また、そこそこ使う頻度が高いにも限らず、少し取り出しにくいので、改善していきたいところ。
 
よく使うものとそうでないものに仕分けをしてみて、よく使うものは上に出してみようとおもいます。
 
棚を追加するのもよさそうですね。
無印にABS樹脂 A4脚付トレーがありますが、これが意外と使えそう。
白くてシンプルなのもいいですよね。
 
また、よく使う乾物用を仕分けするために活躍しそうなのが、小さな箱。
そして、できれば四角い方がいい。
 
重なるアクリルCDボックスなら、積み重ねることもできるので、使える用途が広がりそうですね!
 
ただ、透明なのがネックになりそう^^;
なるべくごちゃごちゃ感は隠していきたいですもんね。

お金と食材のムダを改善させる

食材のムダは、お金をムダにすることと同じだ。
 
はじめて読んだ貯金関係の本に書いてあり、なるほどそうだな、と思ったのを覚えています。
 
まだ重複買いをするだけであれば、消費してしまえばいい。
だけど、消費しきれずに捨ててしまったら・・・心が痛みます。
 
そして、なによりダメにしてしまったじぶんにもガッカリしてしまったり。
 
食材をムダにしないということは、お金もムダにならないということ。
しっかりと、管理方法に工夫をし、じぶんの動線を考えながら、収納を見直してみようとおもいます。
 




★こちらの記事もどうぞ★

この記事が気に入ったら
「いいね!」してね

最新情報をお届けします

Feedlyに登録すると更新情報が届きます。
follow us in feedly
Instagram ← インスタ始めました。

シェアしてもらえるとうれしいです。