収納グッズを先に買ってはいけません。収納に合わせてモノを減らしていこう

 

カーシェアで大きな車をレンタルして、ゴミを捨てに行きました。
 
ゴミ
ほとんど売れないモノばかりだったので、積み込みやすいように解体し、車に積んでゴミ処理場へ。
 
回収にきてもらえば1点数百円で済むのだけれど、早く家から出さないと、いまの状態は完全汚部屋・・・(苦笑)
 
すでに何年も片付け続けているような気がします。
終わったと思っても、まだ終わっていなかった。
 
片付けはいつがゴールなんでしょう。
 
スポンサードリンク

片付けのゴールをどこにもってくるのか

子どもがいれば、子どもの成長とともにモノの配置が変わったり、子ども部屋を設けたりと、モノの移動が多くなりますよね。
 
わが家は、いまきっとその状態です。
 
それが毎年綿々と続いているので、なんだかいつまで経っても片付けが終わりません^^;
 
やはり、片付けにもおおまかなゴール設定が必要ですよね。
 
いつまでに片付けるのか。
もしくは、どの状態になったらいったん終えるのか。

 
現在は、子ども部屋の設定、わたしのオフィスの設定、廊下収納の改善を同時進行しています。
 
おかげさまで、部屋はどこもカオスです・・・

整理収納の鉄則とは

実は、まだまだ手放したいものがいっぱいあるんですよ。
どうしてこんなにモノを買ってしまったんだろう、と片付けるたびに自己嫌悪してしまいます。
 
では、どうしてこんなにモノが増えてしまったのかというと・・・
 
モノの量に合わせて家具を増やしていったから。
 
いま、いちばん手放すのに苦労しているのは、収納グッズです。
収納家具も含まれます。
 
モノを減らすまえに、収納グッズを買ってしまった。
そして、それにモノを詰め込んでいった。
 
でも、やっぱりあふれてくる。
あふれたモノを収納するために、家具を買い足す。
 
悪循環。
これでは当然、モノが増える一方です。
 
どうして減らす、という発想が持てなかったんだろうと、いまでは疑問に思うのですが、そこにはやっぱり、
 
もったいない!
 
・・・が出てくるんですよね(苦笑)
 
使っていないモノがあふれているほうが、とってももったいないことなのに。
 
モノが多くて困る!きれいに収納する方法を知りたい!というときは、まず、
 

  • モノの量が適正かどうかをしっかり把握する。
  • いらないモノはどんどん減らす。
  • 収納に入る分だけ持つという意識づけをする

という手順を追っていくと、すっきり片付けることができます。
いまある収納に入るだけのモノの量にしていくことが、すっきり片付く理由になります。
 
決して、わたしのように、モノの量に合わせて収納家具を揃えてはダメですよ・・・
逆、ですからね^^




★こちらの記事もどうぞ★

この記事が気に入ったら
「いいね!」してね

最新情報をお届けします

Feedlyに登録すると更新情報が届きます。
follow us in feedly
Instagram ← インスタ始めました。

シェアしてもらえるとうれしいです。