ゆるミニマルでいこう。持ちすぎず、増やさない生活は「どれを残すか」からはじまります

 

ゆるミニマルライフ、送っています。

ゆるミニマル
断捨離、片付け、持たない暮らし。

モノをたくさん持つことが良しとされない流れをヒシヒシと感じていて、うちも片付けなければ・・・捨てなければ・・・と感じてる人もいるかもしれませんね。

わたしが片付けや断捨離を始めたきっかけは、引っ越しでした。

そこから始まった片付けライフ。
いまでこそ、じぶん軸で片付けることができていますが、以前はそうではありませんでした。

片付けは、「なにを捨てるか」ではなく、「どれを残すか」という、じぶんと向き合う作業をしていくことなんです。

スポンサード リンク

本当にモノを捨てて「後悔」などしないのか。

捨てて後悔するものなどない。

片付けマイスターのこんまりさんは、書籍にもそう書き記されています。

でも、本当に最初からそうだったのでしょうか。
きっと、そうではなかったはずです。
人のモノを勝手に捨てて後悔したこともあったことでしょう。

わたしは、モノを捨てて後悔したことがあります。

捨てることにフォーカスした片付け作業は、家族との関係をこじらせることもあります。

捨てたモノをまた買い直すという後悔もあります。
そして、捨て行為に走りすぎて家族とケンカして後悔する・・・ということもありました。

家族のモノまで捨てない

実家の片付けや断捨離となると、さらにその傾向は強いかもしれません。

わたしが受講した整理収納アドバイザー1級予備講座の先生は、「親の家を片付けたい」という子どもからのご依頼は断っているそう。
トラブルの元になるそうです。

たとえ血の繋がった親子であっても、モノとの関係性までは同じではない。

子どもにとってはムダなモノにみえても、親にとっては大切な思い出だったりするのですね。

片付けは、じぶんでやるべき作業なのです。
片付けたくないと思っている人を無理やり動かすことはできません。

片付けはモノと向き合う作業を通して、過去のじぶんと向き合うこと

わたしもそうだったのですが、モノを捨てるときに、たくさんのことが心をよぎります。
それは、

そのときの値段
買ったときの高揚した気持ち
まだ使えるかもしれないという「もったいない」意識
この買い物は失敗ではないという、プライド
子どもや家族との思い出

いろいろ湧いて出てきてしまいます。

片付けや断捨離を始めた頃は、その気持ちと向き合う作業が本当にしんどいのです。

だから、言葉には「片付けたい」というのが出てきても、いざ片付けようとすると、とても躊躇してしまいます。

実際に、友人が片付けたいと言っていたので、手伝おうか?と聞いたら、やっぱりいい・・・と言う人も多いもの。

それだけいろんな気持ちを抱えているということですね。

人とモノの関係性は、思っている以上にたくさんの鎖でつながれています。
そして、変化することもまた、怖いのです。

壊れていても、小さなモノでも、人は捨てる・手放すという行為をとても恐ろしい行為かのように捉えてしまうこともあるのです。

モノを溜め込んでいても良くないことはわかってる。
もっとすっきり暮らしたい。
でも、捨てるなんてもったいない・・・!!
 
という感情と、どう向き合うか。
いちばん高いハードルが、そこにあります。

捨てる前に、残すものを決めていこう

多くの人がすでにご存知かと思いますが、こんまり流片付け術は、じぶんなかのときめきを基準にモノを選別していきます。

この方法は、捨てる作業ではなく、モノを残していく作業になっています。

片付けや断捨離と聞くと、どうしても捨てる行為が強く印象づけられますが、本当の意味で片付けというのは、じぶんにとって必要なモノを残す作業だと、わたしは思っています。

捨てる作業はつらいけど、残す作業はワクワクできます。

1度モノを全部出したときに受ける衝撃はすごいですよ。
こんなにモノがあったのか!と、とっても驚きます。

子ども部屋ビフォー
全部出したら、先に、残したいもの・ときめくものをクローゼットに入れ、収納におさめていく。
そこで一度作業をやめてみると、本当にすっきりした空間ができあがっています。

本棚アフター
じぶんにとって必要なモノが、圧倒的に少ないことが実感できます。

長女の机まわり
残ったものは、1つ1つ分別して、適切に処分していく。

断捨離したもの

捨てることと片付けることは、最終的に切り離すことができないのは事実です。

ですが、残すことを先にやることで、本当の意味でじぶんにとって必要なモノがわかり、保有する基準も明確にすることができます。

片付けで必要な心の変化は、ここではないでしょうか。

じぶんのなかでモノの保有基準を知ることができれば、必要以上にモノを持つ暮らしをしなくても良いことが実感できます。

また、それとは逆に、我慢をしてまで究極のミニマリストになる必要もないことがわかります。

ゆるミニマル。

9月号のESSEで見たフレーズが、とても印象に残っています。
わたしが目指す生き方は、まさに「ゆるミニマル」。

持ちすぎず、必要以上に増やさない生活です。

なにもない生活よりも、家族のスタイルに合わせてモノを保有する暮らしを、これからも選んでいきたいと考えています。


スポンサード リンク


★こちらの記事もどうぞ★

この記事が気に入ったら
「いいね!」してね

最新情報をお届けします

Feedlyに登録すると更新情報が届きます。
follow us in feedly
Instagram ← インスタ始めました。

シェアしてもらえるとうれしいです。