暮らしを改善させるために新しいモノを買って迎え入れる。モノは、使われてこそ、モノになる。

 

夫が料理をするようになったので、ティファールのフライパンを買い足しました。

ティファールのフライパン
わたしは、不便だなと思っても、わりとそのまま、いまある道具の中でやりくりしてしまいます。
また、それができてしまうタチです。

でも、夫はそうじゃない。

この不便さはなんなんだろう?
この不便さを解消するためには、どうしたらいいのだろう?

そう、深く考える人です。
 
道具は、人の暮らしを豊かなものにしてくれます。
とても便利で、欠かせないツール。

フライパンを買い足したのは、夫の不便を解消するためです。

暮らしをよくするためなら、モノは買って、増やしてしまってもいいんです。

スポンサード リンク

ティファールの深型フライパンのメリット

フライパン
共働きになり、わたしが仕事で家を開けることもあるのと、おいしっくすのキットオイシックスという食材キットのおかげで、夫が、ほぼ毎日キッチンに立つようになりました。

最近は、ほとんど毎日夫が料理をしているのですが、毎日料理をするからこその、不便を見つけたそうです。

それは、フライパンが浅くて、調理中に食材が飛び出してしまう、ということ。

わたしも感じていましたが、冒頭でも書いたように、わりとそれでもこなしてしまうタイプです。
混ぜ方をゆるやかにしてみたり、量を小分けに少しずつ入れてみたり。

わたしは工夫をすればできないわけではないですが、夫には無理がある(笑)
やはり、毎日使うモノこそ、毎日使う人が不便ではないモノのほうがいい。

ということで、ちょっと深いタイプのティファールのフライパンを買いました。
 
普段使っているフライパンやお鍋もティファールのもの。
これを選んだ理由は、取手がとれて収納できるから。
収納場所に困らない優秀なヤツです(笑)

こちらは、深型フライパンがセットになったティファール。
これにすればよかったですね^^;

シリーズで揃えておくと、見栄えも統一できます。
見た目もスッキリですよね。

お値段は4,000円くらいだったそうですが、アウトレットまでわざわざ足を運んで買ってきた夫に、ちょっとだけ感心しました(笑)

そこまでして選んでもらえたなら、モノも本望というものです。

モノは、使ってこそモノである

キッチン下
わが家にあるフライパンやお鍋、フタなどなど、すべてここに入っているものだけでやりくりしています。

揚げ物専用の鍋も、すきやき用の鍋も、なにもありません。
ティファールのフライパンと鍋で、すべてを調理しています。

整理収納アドバイザーの予備講座で、こんな話を聞きました。

モノにも、モノを作ったデザイナーや技術職の人がいる。
その人たちだって、しまいこまれるためにモノを作っているわけではない。
使ってもらうために、モノを作っているのだ。

・・・と。
モノ1つとっても、その向こうには作り手がいる。

モノはなんのために作られているのか。
モノは、なぜどんどん改良されて良いものが作り出されているのか。

それを考えていくと、なにもかもを「いらない」と排除してしまう生活よりも、じぶんたちが暮らしやすいスタイルで、モノを持てたらいい。

便利になると思うモノは買い、使わないモノは家から出していく。
モノは使われてこそ、モノになる。

そう考えています。


スポンサード リンク


★こちらの記事もどうぞ★

この記事が気に入ったら
「いいね!」してね

最新情報をお届けします

Feedlyに登録すると更新情報が届きます。
follow us in feedly
Instagram ← インスタ始めました。

シェアしてもらえるとうれしいです。