大型のタッチ式ゴミ箱を設置。見た目も男前なイケアの「GIGANTISK」はすっきり長方形で使いやすい

   2016/12/06

ゴミが入りきらなくなってきたので、大型のゴミ箱を購入しました。

ゴミ箱
結婚当初から使っている、キッチンに置いていたゴミ箱。
サイズに合わなくなってきたので、大型のタッチ式のゴミ箱に交換しました。

イケアのGIGANTISK(ギガンティスク?)という新商品です。
名前の通り、大型タイプになっていて、なんと、60Lも入ります。

以前がせいぜい30Lだったのと比べると、約2倍ですよね。

わたしが住む地域は、ゴミの回収が週に2回。
自宅に置いておく期間もそれぞれ長くなりがちなので、こまめに袋変えるのがめんどうでした。

大型ゴミ箱に変えて、これまで感じてた「ゴミをこまめに変えたり、ゴミ箱に入りきらずにはみ出してしまうストレス」から解放されました(笑)

GIGANTISKも、組み立て式です

開封

このゴミ箱、組み立て式です。
でも、すごく簡単でした。

パーツをはめているところ
各パーツをはめこんでくだけ。
特殊な道具も不要です。

接続部
ただ、簡単なのですが、ぐっと押し込むときに力が必要です。
上からしっかりと押さえ込みました。

5つのパーツ
ゴミ箱本体のできあがりです。
この部分のパーツは5つでした。

45Lの特大袋が使えます

ゴミ袋
このように、ゴミ袋をつけるパーツがあるので、袋がずれることなくつけられます。
いまつけているのは45Lの特大の袋。

ゴミ箱自体は60Lなのですが、それだけ大きな袋はなかなかありません。
試しに45Lをつけたら、しっかりと装着できたので、これはいい感じです^^

フタ
フタをつけると、外側に袋がはみ出てくることもありません。
見た目、すっきり。

フタはタッチ式
フタはタッチ式になっています。
以前使っていたものはペダル式だったので、いまだについつい足で開けてしまいそうになっていますが、実は、タッチ式の方が使いやすいです。

というのも、フタを開けたままにしておけるから。

ペダル式は、ずっと踏んでおかないといけませんよね。
手が汚れていても使えるような仕組みではあるのですが、フタを開けっぱなしにしておくことができません。

キッチンでの作業

キッチンでの作業は、開けっぱなしになっているほうがラクだなぁと、ゴミ箱を変えて感じました。

フタのタッチも、軽くポン!と押すだけで良いので、子どもでも取り扱えます。

グレーで男前な雰囲気のGIGANTISK

ぴったり

以前からずっとゴミ箱を買い替えたいと思って、ホームセンターなどをうろうろしていたのですが、しっくりくるものがなくって。

たまたまイケアに行ったときに見つけたこのGIGANTISKは、きっと新製品なのでしょう。
初めて目にしました。

なんせ、わたし、月に1回は、必ず新製品をチェックしにいくくらいのイケア好きですから、見たことないものがあると、ついついじっくり観察してしまいます(笑)

GIGANTISKを見つけたとき、夫とともに、これだね!と即決。
すぐに買って帰りました。

この大容量にも関わらず、お値段は3,999円
しかも、すっきりと縦長の長方形なんです。

よく売られているゴミ箱が、なぜ下にいくほど細くなっているのかというと、輸送コストを抑えるためだからです。

真四角だと、重ねて積み込めないため、重ねやすい先細り型が多いのです。

その点、このGIGANTISKは、そもそもが組み立て式のため、すっきりとした長方形でも問題ないわけですね。

すっきり四角いということは、その分、たくさん入る、ということです。

グレーですっきりとしたスタイルのゴミ箱なので、男前インテリア好きな方にもおすすめ^^
汚れも目立たないので、どんな場所でも使えそうです。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


★こちらの記事もどうぞ★ Feedlyに登録すると更新情報が届きます。
follow us in feedly
Instagram ← インスタやってます。

★出版しました★ トラック1台で引っ越せる物量で暮らせる「循環ライフ」
>>レビューまとめページはこちら

当ブログにある画像・文章をまとめ系キュレーションメディアおよびNAVERまとめ、個人ブログ等で引用・転載を超えた範囲で使用しないでください。著作権はすべて当ブログ管理人に帰属します。(ただし、フリー素材は除く。)
文章、画像等のコンテンツを利用されたい方は、フェイスブックページよりご連絡くださいませ。
フェイスブックページ:Junkan-Life