外食費ゼロ円のコツ。キットオイシックス週3セットと常備菜で外食の手間をなくす

   2016/11/24

最近、常備菜にもチャレンジしています。

常備菜

こちらの記事で、常備菜やリメイク品を作らないと決めたと書きましたが、すこし前、農家の親戚が山のように野菜を送ってくれたこともあり、しぶしぶと作ってみたんです。

実際につくってみたら、想定していた以上に、「逆にラクチン!」ということがわかりました。

相変わらず料理は苦手な家事なので、リメイク品なんかはやっぱりやりませんが(笑)、常備菜レシピは簡単なものからチャレンジしています。

常備菜を作るようになってから、外食費が完全にゼロ円になってしまいました。

でも、実は、もともとわが家は外食費をほとんどかけていないんです。

スポンサード リンク

外食費ゼロ円。たまに行くけど好きではありません

外食は、らくできるようでいて、案外らくにできません。
それは、こどもが生まれてから特に感じるようになりました。
 
あそこに食べにいってみたいけど、こどもの身支度をさせてるうちに、めんどうになっちゃうんですね(苦笑)
 
小さければ離乳食や母乳、ミルクの段取りもありますよね。
そうこうしているうちにグズりだして、結局やめて。
 
もう、小学生と幼稚園児と、こどもも大きくなりましたが、まだまだ年少さんのうちは気楽に食べに行けません。

なにより、こどもが大きくなってからは、外食費が増えてしまうっていうデメリットもでてきました^^;

結局、なんだかんだと忙しくても、外食ではなく、自宅で食事をするほうがラクなんですよね。

お惣菜やレトルトで済ませて「家」時間を増やす

外食に頼らないメリットは、なんといっても、家事時間が増やせることにあります。

食べに出ると、行って帰る、という時間が必要ですよね。
移動する時間がどうしても発生するので、結局、家事が後手後手になり、あまり手抜きにもならないんだなぁと感じてます。

それよりも、仕事帰りにスーパーで惣菜を買ってきてもらったり、家に普段からレトルト食品をストックしておいて、それを食べるほうがいい。

食べ終わったらすぐに家事に取りかかれます。
次の日の準備も、すぐにできますよね。

とはいえ、忙しい日が続くと、惣菜やレトルトが続いてしまうこともあります。
そうなってくると、食事が味気なくなりますし、こども自身も飽きてしまうということがありました。

そんなときに農家の野菜で常備菜を作ることになったのですが、これが本当に良いきっかけでした。

いまは、レトルトやスーパーのお惣菜も減り、常備菜で済ませるほどに。

1品10分以内で作れるレシピがいっぱい載っている「つくおき」本はこちら

料理嫌いほど、常備菜とキットオイシックスで節約になる

きっとおいしっくすと常備菜

常備菜の登場で、これまで週4セット頼んでいたキットオイシックスを、3セットに減らし、残りは常備菜で乗り切るようになりました。
 
キットオイシックスはとっても便利!
いまだって主力です。

常備菜を作ることで、1セット減らしても乗り切れるくらいになりました^^
すこしだけ、節約にもなってるかもしれません。

料理嫌いをサポートするキットオイシックスが試せる、お得なおいしっくすのお試しセットを注文してみよう

常備菜+キットオイシックス。
わが家の食卓を守ってくれています。


スポンサード リンク


★こちらの記事もどうぞ★

この記事が気に入ったら
「いいね!」してね

最新情報をお届けします

Feedlyに登録すると更新情報が届きます。
follow us in feedly
Instagram ← インスタ始めました。

シェアしてもらえるとうれしいです。