片付く仕組みづくりを準備する。おもちゃの片付け効率化のために、ぽいぽいBOXを配置

 

ちいさな子どものおもちゃ、片付けるのも大変ですよね……
 
ぽいぽい放りこみ収納
忙しくて片付けられないときもある。
子ども自身が、片付けが苦手なこともある。
 
先日、おもちゃの収納で、小分け収納用のカゴを買い足して片付けたことを記事にしました。
 
納スペースを増やすには、空間を区切ることが有効。学んだことを即実行しておもちゃの収納改善に
 
ちいさな空間をたくさん作ることで、収納力が格段にあがります。
そして、見た目もきれいになりますよね。
 
ところが、小分け収納にしたはいいけれど、結局ごちゃつくのよね……ってことがあるんじゃないかと思います。
 
そんなときの、強い味方。
その名も、ぽいぽいBOX(笑)
 

ぽいぽいBOXの活用方法

ぽいぽいBOXの中
ちいさな小分け収納のデメリットは、子どもが片付けづらいところにあるかもしれません。
 
写真を貼ったり、ラベリングしたり、片付けやすくする工夫はあったとしても。
でも、子どもって思った通りに片付けてくれないーー
 
そういうことって、あると思うんですよね。
 
ラベリングや写真は幼稚園や保育園でも活用されていると思うので、片付けられないということはないと思いますが、なぜか家だとざっくり片付けちゃう……
なんて子もいると思います。
 
できれば、小分け収納は維持したまま(のちのち片付けやすいし、見直しやすいので)、普段はががーっと片付けてしまいたい。

そんなときに、ぽいぽいBOXを作って活用していきましょう!
なんといっても、すぐに片付きます(笑)
 
毎日、すっきりと片付いた暮らしは、たしかに理想的。
子どもたちも自発的に片付けてくれるとなおヨシ。
 
でも、現実はそうはうまくいかないものです……
 
それならば、小分け収納でカテゴリー分けをしながらも、忙しいときや、すぐに片付けたいときは、ぽいぽい放り込んで、とりあえず片付けられるーー
 
そんな、あっという間に片付く仕組みを準備しておくのも、おすすめですよ!

一時的に使うアイテムは捨てやすさを考える

きっと、放りこみボックスを取り入れている家庭は多くあると思います。
タブドラッグスのような商品もありますしね。
 

 
洗濯物用のカゴとしても活用できるので、使われてる方も多いのではないでしょうか。
いろいろと代用もできそうです。
 
今回、わたしがぽいぽいBOXとして使っているのは、ダイソーで買った500円商品です。
 
入れ口の部分に、金属製の金具がついていますが、それを取り除けば、燃えるゴミとして捨てることができます。
 
使い終わったら、簡単に捨てることができます。
 
たくさん捨ててきて思うのですが、ものを増やしたあと、使わなくなったときに、どのような手段で手放さなきゃいけないのか……ということまで考えておくと、のちのち不要になったときに、手放しやすくなりますよ。
 
子どものおもちゃ収納は、期間限定かもしれません。
 
おもちゃ専用の家具はありますが、ちいさなカゴや、布製のざっくり入れられる収納グッズを使えば、いずれ捨てるときにも困りません。
 
捨てる方法に困ることがあるからこそ、わたしは、どのように捨てなければいけないのか? まで気にして、ものを選んでいけたらな、と考えています。




★こちらの記事もどうぞ★

この記事が気に入ったら
「いいね!」してね

最新情報をお届けします

Feedlyに登録すると更新情報が届きます。
follow us in feedly
Instagram ← インスタ始めました。

シェアしてもらえるとうれしいです。

★出版しました★ トラック1台で引っ越せる物量で暮らせる「循環ライフ」

当ブログにある画像・文章をまとめ系キュレーションメディアおよびNAVERまとめ、個人ブログ等で引用・転載を超えた範囲で使用しないでください。著作権はすべて当ブログ管理人に帰属します。(ただし、フリー素材は除く。)
文章、画像等のコンテンツを利用されたい方は、フェイスブックページよりご連絡くださいませ。
フェイスブックページ:Junkan-Life