【消耗品の適正量】洗剤は厳選して持つ。でも、ストックは持たない生活をする

 

ナチュラリストにはなりきれなかったので、掃除用洗剤はいくつか持っています。
 
掃除デー
先日、少し暖かい日があったので、家族そろって掃除をしました。
子どもたちもお手伝いをしてくれましたが、まぁ、飽きるのは早いですよね(笑)
 
床用ワイパーなど、使いやすいものはうまく取り入れた生活をしています。
掃除用洗剤もそのひとつ。
 
重曹やクエン酸を使った掃除が定着しなかったため、いまでは使い切ることを前提に、市販の洗剤を活用しています。
 

なくても困らないものは、ストックは持たない

掃除用洗剤
わが家で普段から使っている掃除用洗剤はこれだけです。
アルコールスプレーは洗剤ではありませんが、いたるところで使っています。
 
以前はカビキラーなども使っていましたが、最近、カビに悩まされることもなくなってきたので、いったん使い切ってからは買い足していません。
 
また、カビに悩まされるようになったら買う予定です。
 
わが家の洗剤のルールは、ストックは持たないということ。
洗剤は切らしてしまったあとに買いに行っても、じゅうぶん間に合います。
 
ちょっと慌ててしまうこともありますが、近くにコンビニも、スーパーもホームセンターもある環境なので、家においておかなくてもOKです。
 
というと、その都度買うなんてめんどうだ!と思うかもしれませんが、じぶんにとってちょうど良い暮らしを考えた結果なので、もし、1本ストックしておくくらいがちょうどいいなら、それがベスト、なんですね。
 
使い切ってから買うくらいでちょうどいい。
1本ストックがちょうどいい。

 
どちらが向いているか。
どちらが不便がないか。

 
洗剤というアイテム1つでも、じぶんにとってちょうどいい量を見極めていくと、ずいぶん暮らしがラクになるんじゃないかと思います。

使用頻度別に保管する

洗剤
いつも、このように洗剤の幅に合わせた収納グッズを使って、保管しています。
 
食器用洗剤は、単体で管理。
なぜかというと、いちばん使用頻度が高いから。
 
保管方法
キッチン下の収納においてあります。
使い頻度がいちばん高い場所です。
 
洗剤の並びは、使用頻度の高いものから手前→奥というふうにしていますよ。
 
アルコールスプレーの使用頻度が高く、奥の液体キッチンハイターの使用頻度は低め。
手前から並べておくことで、取り出しやすくしています。

じぶんらしくちょうどいい量で暮らすコツ

わたしが、循環ライフを導入し、ゆるく片付けてきてわかったことは、じぶんの心や気持ち、ライフスタイルを見つめながらものを見極めたほうが、じぶんらしく暮らす方法が見つけやすい、ということです。
 
このように捨ててください。
この方法でものを選んでください。

 
……と言われても、じぶんの心や気持ちを置き去りにしたままでは、いくらできたとしても、リバウンドしてしまいます。
それは、じぶんで納得できていないから。
 
片付けでリバウンドを起こさないためには、だれかの方法で片付けていきながらも、じぶんの中できちんと折り合いをつけ、着地点を探ることも、大事だなぁ、と感じています。
 
そして、片付けたときに、ちゃんとすっきり感を得られること。
 
これが、片付けの効果として最も良いものだと思っています。
 
ものとじぶんの関係性を考えながら、ものと1つ1つ向き合う作業は大変でもありますが、着地点を見出せたあとは、心地よくもあるものです。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


★こちらの記事もどうぞ★ Feedlyに登録すると更新情報が届きます。
follow us in feedly
Instagram ← インスタやってます。

★出版しました★ トラック1台で引っ越せる物量で暮らせる「循環ライフ」
>>レビューまとめページはこちら

当ブログにある画像・文章をまとめ系キュレーションメディアおよびNAVERまとめ、個人ブログ等で引用・転載を超えた範囲で使用しないでください。著作権はすべて当ブログ管理人に帰属します。(ただし、フリー素材は除く。)
文章、画像等のコンテンツを利用されたい方は、フェイスブックページよりご連絡くださいませ。
フェイスブックページ:Junkan-Life