お金が貯まる家は床がキレイ?お金を貯めて、家を磨くゆとりを持とう!

   2015/04/22

腰にきています。
 
廊下
こんばんは!
片付け修行中のゆみちん@yumi_HappyStyleです(´∀`)ノ
 
メインブログでお世話になってるブロ友さんが掲載されている雑誌。
 

BIG tomorrow 増刊 (ビッグ・トゥモロウ) 貯金ゼロから1000万円貯めた主婦の「お金」バイブル! 2014年 11月号 [雑誌]
 
この本のなかに、「お金がどんどん貯まる人の部屋、大公開!」というコーナーがありまして。
お金が貯まる人の部屋の共通点、それは・・・
 
 
スポンサードリンク

 
 
・床がキレイ
・照明にオレンジの光を取り入れている
・玄関がキレイ
・蛇口がピカピカ
・色は少なく、統一されている
・便利グッズや収納グッズが少ない

 
 
というような統計があるようです。
もちろん、これをマネただけで、お金が貯まるようになるわけはなく。
 
ただ、家を磨きあげられるほど管理がしっかり行き届いているということは、それだけ精神的なゆとりがあるのだろうな、と思うのです。
時間的なゆとりではありません。
「家を磨く」という、気持ちのゆとりです。
 
ゆみちん自身がそうなんですが、あまりお金が貯められなかったときは、部屋を磨こうなんて思いませんでした。
掃除はします。でも、磨きません。
やはり、気持ちに余裕がないと、そこまで考えが及ばないからです。
 
不思議なものですが、気持ちがなにかに追われているようなときは、家を磨く行為にまでいたれないことも多いのではないでしょうか。
とくに、お金の余裕がないときは、心ここにあらずのような状態になりがちですし。
 
断捨離をしただけ、部屋を磨いただけでは、お金が貯まるようになるわけではないです。
ですが、お金の心配があまりないということは、気持ちにゆとりも持てますので、気持ちがほかに奪われることも少なくなります。
そうすると、身の回りにきちんと気を配れるし、その分、家を磨こうという気持ちも持てるのかもしれないですね。
 
たしかに、お金を貯められるようになってきてからは、ゆみちん自身も、掃除をする回数がグンと増えました。
 
ということで!ってワケではないですが、今日は廊下と玄関を磨きました。
 
玄関
玄関は、こんまりさんの影響を受けて、毎日磨いていました。
靴の底も、もちろん磨いていました。
 
ですが、出版作業が佳境に入ってきて、しばらく放置でした。
 

 
いやー、おかげで今日の汚れはすごかった(;´∀`)
 
ぴかぴかになったので、これでまた、いい仕事が舞い込んでくることでしょう(´∀`)
 
とはいってもねぇ、貯金がしっかりできていたって、なかなか2歳児イヤイヤ期、べったりんこな次女を抱えて掃除ってのも、気持ちがむかなくなるものですよ。
 
今日はテレビに夢中になってるスキをついて、廊下を磨きました。
 
ワックスまでは掛けられませんが、せめてぞうきんがけだけはしたかったので。
おかげで、気持ちも廊下も玄関も、すっきりしました。
 


スポンサード リンク


★こちらの記事もどうぞ★

この記事が気に入ったら
「いいね!」してね

最新情報をお届けします

Feedlyに登録すると更新情報が届きます。
follow us in feedly
Instagram ← インスタ始めました。

シェアしてもらえるとうれしいです。