今ココにピントを合わせた暮らしを。じぶんらしい片付けとは、家事とは。

眉間にシワを寄せて家事をしていないでしょうか。
片付けられていない部屋をみて、ズボラなわたしはダメなやつ!ってバツをつけていないでしょうか。

楽らく掃除の基本!
家事って毎日のことなので、とにかく「作業」になってしまうんですよね。
もしくは、散らかった部屋をみて「苦行」だと感じているかもしれません。
 
わたしも同じ。
家事は作業、そして、苦行。
 
でも、それも昨日までの話。
わたしはいま、片付けをしたくてたまりません!
そして、家事がしたくてたまらないのです(笑)
 
どうしてそうなってしまったかというと、新しいアイデアをたくさんもらったから。
 

スポンサー リンク

楽ラクキレイ お掃除&お片付けセミナー

クフールフェア
クフールというメディアをご存知でしょうか。
忙しい主婦に、少しでもいきいきと過ごせるような暮らし方を提案するライフスタイルメディアです。
 
先日、クフール主催の「楽ラクキレイ お掃除&お片付けセミナー」が開催されたので、足を運んできました。
時間にして2時間のフェアだったのですが、かなり濃い時間だったんです。
 
クフールさん、太っ腹すぎてびっくりなのが、今回、お持ち帰りのお土産がこんなにあったこと……。
 
クフールのお土産
そして、抽選で総額20万円もの商品も。
それでいて参加無料だったので、大丈夫なのか?ウラがあるんじゃないか? と、いらぬ心配をするほどです。
(もちろん、なーんにも裏もなく、純粋に楽しいセミナーでしたよ。笑)
 
そんな第2回クフールフェアで行われたこと。
 
それは、家事研究家で、あの「逃げ恥」の家事監修をされた高橋ゆき先生と、ライフオーガナイザーNONさんこと大友のぞみさん@nontroppo_life)を招いてのセミナーです。
 
株式会社ベアーズ取締役副社長 家事研究家 高橋ゆき公式ブログはこちら
 
のんびりシンプルライフ〜NON*toroppo〜

掃除や家事って、作業になってしまいがち。
そして、ノウハウは世の中にあふれていても、そこからじぶんに合ったものを見つけるのって相当大変ですよね。
 
先に申し上げますと、今回のフェアでわたしが受け取ったものは、片付けも掃除も、じぶんを見極めることーーなんだなと感じました。

NONさんの「片付け過ぎない片付け術」

わたしは、片付け過ぎて失敗しています(苦笑)
それは、捨てることが目的になってしまったから。
 
これは利き脳に関係があるのかも! ってNONさんのお話しを聞いて思ったんです。

NONさん
指を組んでどちらの親指が下かで、インプットするときに、どちらの脳が使われているかわかるそう。
そして、腕組みをしたときに下になったほうが、アウトプットするときの利き脳。

利き脳チェック
出典:片づけと収納がらくになる仕組みづくり ライフオーガナイズ: もっと心地いい暮らし方

右脳のおもな役割
ひらめき、直感、イメージ記憶、芸術・創造性

左脳のおもな役割
論理的、科学的、言語認識、計算・数学的知識

わたしは「右左脳」タイプ。
ひらめきや直感でものごとをインプットして、ロジック(論理)でアウトプットするーーこれ、言われて納得です(笑)
 
この右左脳タイプは、見た目重視の完璧主義派。
以前、収納グッズを大量に買い足していたのもわかる! と、うなづけます。
 
ひらめきでインプットしたあとに、理論に置き換えてアウトプットするため、部屋もごちゃごちゃになりやすいんですよ……。
そこはいまでも課題です。

ものを減らしても、なんだかすっきり片付いたように思えなかったり、完璧を求めるあまり、逆にできないことにイラだちを覚えたり。
 
どうにか解決策がないだろうか? と思っていたときに、「仮置き」というキーワードをNONさんからいただきました。

仮置きは、収納グッズを買うまえに試すこと

家にあるもので、まずは作ってみること。
それも、牛乳パックやペットボトルで簡単に。

牛乳パック
1度、仮の収納グッズで試したあとに、しっくりくるようなら、そのときにはじめて収納グッズを買いにいく、という方法なんですね。
 
最初から機能的な収納グッズを探してしまいがちなわたしには、目からウロコでした。

缶詰がすっきり
食料品ストック収納の中、缶詰がすっきりしました^^
牛乳パックがぴったりすぎて、もう、これで良いような気もします(笑)

でも、これだって、試してみなければわからないことですよね。
仮置きって思っていた以上によかった!!
 
仮置き自体は本当に普通というか、その通りだなぁということなのですが、人は、先入観をなかなか取り除けないものですよね。
 
わたしの先入観を良い意味で壊してくれた「仮置き」を、今後は試していこうと思います^^
わたしなりのやり方に置き換えて。
 
NONさんは、最後にこう伝えられました。
 
片付けは、ゴールを先にイメージする。
インテリア誌に載るようなキッチンなのか、はたまた機能重視のキッチンなのか。

どのゴールでも、じぶんの理想に向かって、前向きな試行錯誤を繰り返していこう!ーーと。

高橋ゆき先生の「愛がもりもり掃除術」

「今日はがっきーはいないけど、ゆっきーはいるよ!ゆっきー先生と呼んで!」と自己紹介をされた、とても明るくてポジティブな高橋ゆき先生。

高橋ゆき先生
ゆっきー先生は、家事をする人の行動や心理にフォーカスして家事研究を行って来られた、とても発想豊かな先生です。
 
そんな先生が、「怖い顔をして家事をしていませんか?」と、会場にいる方に質問されました。
 
ーーはい、すみません、めっちゃ怖い顔で家事をしています(汗)
それも、眉間にシワを寄せすぎて、シワが取れなくなってしまったほどに……。
 
言い過ぎでもなんでもなく。
毎日繰り返し、そしてエンドレスにやってくる家事を、いちいち楽しんでられないほど、主婦(主夫)は忙殺されます。
 
それはもう、眉間にシワだって寄りますよ……。
兼業、専業関係なく、家事は負担になるもの。
 
「でも、家事ってどこから来てるか知っていますか?」と、ゆっきー先生。
 
答えは「」からでした。

きっと、この言葉をむずがゆく感じる人もいるでしょう。
わたしもその一人です。
 
でも、そのロジックを見れば簡単。
(こういうところがアウトプットが左脳。笑)
 
家族がより暮らしやすくするために、生活しやすくするために、家事をする。
効率よく暮らすために、知恵をしぼる。

でも、その暮らしをよくするという気持ちは、人を思う気持ちーーつまり、愛からきている、ということ。

家事の根っこには、「愛」がどっしり座っているんですね。
 
「そうか、これが愛なのか!」
まるでアナ雪のエルサのような言葉を、まさか本気でつぶやくじぶんがいるとは思いもしませんでした。
 
そう思っている最中に、ゆっきー先生考案の、アイデア掃除グッズの登場です。
すぐに試したくなる、マンゴカットスポンジ三つ編みストッキング、そして、軍手ぞうきん
 
すぐに試したくなったので、帰宅してすぐに、家にあるものでやってみました!
気になる場所は、窓のサッシ部分。

窓のサッシ
こういうところ、掃除しづらいんですよね。

まず、軍手ぞうきん。

軍手ぞうきん
ゴム手袋はお土産でいただいた、ヒアルロン酸入りのふわふわゴム手袋です。
これ、常備しときたい。

軍手ぞうきん
軍手をかぶせます。
ゴム手袋は、裾の部分を2〜3cm折り返すと、水が垂れてこなくて良いそうですよ!

ゴミを取り除く
掃除の基本として、まず水拭き……ではなく、ゴミやホコリなどを取り除くことから始めます。
こうすることで、ホコリが水気を含んで取りづらくなるのを防げます。

軍手でしっかりゴミを取り除いたら、次はスポンジの出番。

スポンジを縦カット
スポンジを、縦にカットしてみました。
スポンジの切れ込みは入れ方次第で、あらゆる場所に対応した、万能スポンジになります。

サッシの掃除
ちょっとしたことなんですが、とっても掃除しやすい!
サッシの溝の幅でカット(目分量なので適当ですよ。笑)したら、これまでの作業がラクちんに!

ピカピカのサッシ
水しか使っていないのに、こんなにきれいになりました!
 
家にあるものでできる工夫で、掃除が見違えるようにラクになる。
 
家事や掃除をしていることには変わりないのに、工夫するだけでこんなに違うのか〜!と、家で試してみて納得です。

家事代行サービス・ベアーズ

ちょっと話がそれますが、わたしは実家から遠く離れて、出産から育児までこなしてきました。
たった1人、赤ちゃんを育ててるだけなのに!!
専業主婦なのに!!
それなのに、家事が簡単に立ち行かなくなってしまう悲しさと、むなしさ。
 
家事ができないと、心がどんよりしてきますよね。
そして、家事くらいできないじぶんなんて……って自己嫌悪。
 
でも、約10年間、その暮らしを送ってきたいまならわかります。
家事は、やっぱり大変な作業なんだなって。
 
家事ができなくて悲しい気持ちに包まれているママは、迷いなく、家事代行サービスを利用してほしい。
株式会社ベアーズ取締役副社長であるゆき先生の志を聞いて、そう思いました。
 
家事代行サービス ベアーズ
 
昔のわたしにも、教えたいくらいです^^

いまここにある暮らしを変えていく

高橋ゆき先生
わたしが最後に感銘を受けたゆっきー先生の言葉は、
 
いまここにピントを合わせた暮らしを。
 
ということ。
 
いまここのじぶんを幸せにすることで、ちゃんと元気になれる。
そして、その元気が未来につながっていく。
 
元気があって、笑顔があふれるだけで、なんとなく、ま、元気出していこうって、心も前向きになるんですよね。
NONさん、ゆき先生のお話を聞いていて、よし! 今日もがんばろう! と思えるパワーをもらえました。
 
パワーを素直に受け取ったら、抽選で美顔器が当たってしまいました(笑)

美顔器
美容に興味が薄いわたしなので、このような商品をじぶんで買うことはまずありません。
素直に試してみたいと思います♪
 
家事や片付けなど、毎日の繰り返し作業が、作業ではなく前向きな取り組みとして捉えられたら、いまここにある暮らしが変わり、未来がより良いものになっていきます。
 
いまここにしか存在できないからこそ、いまここを大切にしていこう。
 
そんな気持ちで、今日の家事に取り組んでいけそうです。



★こちらの記事もどうぞ★

  • 本を少しでも高く売るなら。自宅から買取りへ出す方法
  • 入園・入学準備&参観日に1つは持っておきたい携帯スリッパ
  • 食材は必要なものだけ。おいしっくすでもっと便利に、ストレスフリーに。

  • この記事が気に入ったら
    いいね ! しよう

    PAGE TOP