ものを減らすと「ときめき」が見えてくる。ときめきがわかると、好きなもので揃えたくなる

いちばん最初に取り入れた片付け術は、こんまりさんの「ときめき片付け術」。
でも、わたしには「ときめき」がわからなかったんです。
 
ダコタのバック
ときめきがわからなかったから、使っているものだけを残し、ほとんど手放しました。
すると、残ったものが少なすぎて、ちょっと困ったことになりました(笑)
 
バッグも、使ってるもの以外を手放したら、残ったのはたったの1つだけ。
 
でも、その1つについてじっくり考えてみたら、使いやすさとか質感とか大きさとか、結構好きだなぁって気づいたんですよね。
 
ものを徹底的に見直してみたら、これまでわからなかったときめきが、なんとなくわかるようになりました。
 

スポンサー リンク

Dakotaのデザインと質感が好きです

普段使っているバッグは、Dakota(ダコタ)のナナメ掛けのショルダーバッグ1つだけでした。
 
ダコタのポシェット
こちらです。
財布とハンカチとスマホを入れると、もういっぱいになってしまうくらいのサイズ。
 
普段はこれでいいのですが、最近、仕事や打ち合わせで出かけることが多くなってきたので、仕事でも普段でも使えるシンプルなバッグを買いました。
 
また、ダコタです。
実は、財布もダコタなので、もう、好きなんですね(笑)

Dakotaの長財布。想像以上に手になじみ、使い勝手も好みのものでした。
 
このダコタが好きだなぁというのも、ものを徹底的に減らしてみてからわかったことです。
あらためてもの買うときに、じーっくり吟味していたときに見つけたもの。
 
買うときは直感ですね。
あ、これ好きだな!という感じで買いましたよ。
 
ダコタ3姉妹
皮製品がもともと好きだったのですが、硬いものより、少し柔らかめの質感が好き。
ダコタは、肌触りの良い皮が使ってあるので、使い続けるとほどよくくたびれて、しっくりきます。

ダコタのトートバッグ

今回買ったトートバッグは、A4サイズがすっぽり入ります。
 
A4サイズ
学校や幼稚園の参観日や面談、プリントをいっぱいもらうんですよね。
そういうときにも使えますね^^
 
中の布地は、ピンクに近いパープルです。
落ち着いた色合い。
 
中の布地
仕切りポケットがついているので、バッグの中がごちゃつきにくいです。
小さなスマホ用ポケットもついていますよ!
 
わたしが仕事に行くときは、パソコン必須です。
もちろん、入りますよ!
 
Mac Book Airも入る
相棒のMac Book Airもすっぽりと。
財布も入れられます。
まだまだゆとりがあるので、化粧ポーチなども入りそうです。

好きなもので揃える

ものを減らし、見直し、ダコタのバッグが心地よくて好きだと気付いてからは、じぶんの身につけるものを「好きなもの」で揃えようという気持ちが強くなってきました。
 
ものが多かった頃は、とても行き当たりばったりにものを選び、とりあえずいま欲しいから買う、とか、安いから買う、とか、そういう気持ちで買っていたように思います。
 
でも、いまはきちんと選ぶようになりました。
勢いとか値段で選ばずに。
 
好きなものがわかってきてからは、ものを大切にするようになりました。
長く使いたいので、メンテナンスも怠りません。
 
きっと、ものが多ければ、このメンテナンスも行き届かなくなり、せっかく好きだったものが、ボロボロになって好きじゃなくなるかもしれない。
 
ものを大切にするとか、メンテナンスをきちんとするとか、そんなこと、本当はいたって普通のことなのかもしれません。
 
でも、ものが多すぎることによって、この普通すらできなくなる。
 
ものを大切にする暮らしは、じぶんの感情を大切にする暮らしにつながってくるような、いまは、そんな風に感じています。



★こちらの記事もどうぞ★

  • 本を少しでも高く売るなら。自宅から買取りへ出す方法
  • 入園・入学準備&参観日に1つは持っておきたい携帯スリッパ
  • 食材は必要なものだけ。おいしっくすでもっと便利に、ストレスフリーに。

  • この記事が気に入ったら
    いいね ! しよう

    PAGE TOP