「きれい」の基準は人によって違う。じぶんに合わせてもらうのではなくゴールに向かって片づけていく

 

先日、長女とのやりとりで気づきがありました。
 
子どもの洋服
どう考えても、ちょっとばかり洋服がはみ出しているし、上に積み重ねて片付けているから、取り出しづらくなっている様子。

わたしは長女に、「もう少しきれいに片付けたら?」と言いました。
すると長女は、
 
え?きれいだよ!
 
と言い切ったのです。
小さな反抗なのか、それともちゃんとしてるよ!というアピールなのかわからないのですが。
 
やりとりは続きます。
 

きれいかきれいじゃないかの線引き

わたし
「きれいっていうのは取り出しやすい状態のことだと思うよ。洋服をきちんと揃えて入れたら?」
 
長女
「きれいだよ?きれいにいれてるよ?」
 
わたし
「うーん、でも洋服がぐちゃってなってて取り出しづらそうに見えるよ?」
 
長女
「べつに取り出しづらくないよ?大丈夫!」
 
ここまでやりとりしてきて、ハッと気づいたんです。
 
「きれい」っていう状態は、人それぞれで違う。
だから、きれいという言葉だけでは、抽象的すぎて伝わらない。

 
ついつい親がやってしまいがちな間違いかもしれません(苦笑)
わたしも、こどもたちの関わりの中で、日々気づかされることばかりです。
 
「もう少しきれいに片付けたら?」
 
もっときれいに片付けてほしいという気持ちから、つい口をついて出た言葉です。
しかし、長女にとってはきれいにしているつもり。
 
そもそも、きれいという言葉が抽象的で、お互いの「きれい」がズレています。
 
わたしにとって「きれい」は、きちんと揃えられ、いつでも取り出すやすい状態のこと。
 
でも、長女は、洋服がおさまっていて、じぶんが把握できていれば、それが「きれい」な状態だということ。
 
こうして書いてみると「きれいの基準は人によって違う」など、ごく当たり前のことのように感じます。
 
でも、きっと、対子どもに関しては、親の「きれい」を押し付けてしまい、片付いてる・片付いてないでケンカになってしまう親子もいるはず。

親子だけではなく、夫婦間でもありそうですよね。
 
人によって「きれい」の基準が違うから、家族で片付けに関する問題が勃発するのかもしれません。

片づけの促進は提案力で決まる

子どものおもちゃ
人に片付けを促すときは、きれいにして!片付けて!と曖昧な言葉で伝えるのではなく、このようにしたら良いと思うよ、という提案をしてみるのが良いかもしれませんね。
 
もちろん、提案をしたからといって、いや、わたしはこのほうがいいの!と言われたらそれまで。
 
そう言われると、実際カチンときたり、もっとわかってもらおうとアレコレ言葉をかけたくなるけれど、じぶんとこの子(夫や母、父)は違うのだ、人それぞれきれいの基準は違う、と割り切るのが得策。
 
できるなら、さらに一歩踏み込んで、子どもに合わせて、子どもができる範囲での「きれい」を実現してもらうため、最初にいっしょに片付けてみて、ものの配置を決める、収納方法のルール化を図る、などしていくと良いですね。
 
ゴールがわかれば曖昧な表現も避けられ、「この間決めたように片付けてごらん」と伝えるだけで、お互いの目的に向かって片付けを進めることができますよ。
 
子ども部屋の片付け祭りビフォーアフター。整理収納メソッドで、ここまで片付けることができました
 
これから春休みが始まります。
きっと、毎日子どもがいて、ほんと〜〜〜に大変!!っていうママ・パパが増えてきます。
 
片付けた、片付けてない、きれい、きれいじゃないでケンカにならないよう、いま一度、片付けのルール化、目的、ゴールを決めてみるのもおすすめです。
 
わたしも、子どもたちと相談して、模様替えも含めて、片付けのルール作りをしていこうと考えています。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


★こちらの記事もどうぞ★ Feedlyに登録すると更新情報が届きます。
follow us in feedly
Instagram ← インスタやってます。

★出版しました★ トラック1台で引っ越せる物量で暮らせる「循環ライフ」
>>レビューまとめページはこちら

当ブログにある画像・文章をまとめ系キュレーションメディアおよびNAVERまとめ、個人ブログ等で引用・転載を超えた範囲で使用しないでください。著作権はすべて当ブログ管理人に帰属します。(ただし、フリー素材は除く。)
文章、画像等のコンテンツを利用されたい方は、フェイスブックページよりご連絡くださいませ。
フェイスブックページ:Junkan-Life