【収納改善】キッチンの収納力と動線を改善。ほんの少しの工夫で劇的に改善します

キッチンの収納力をアップさせつつ、動線を改善ました。

キッチンの収納改善

キッチンを使う中で気になっていた、動線収納力

母がDIYで作ってくれたキッチン収納ですが、もう少し収納力がほしいと思ったので、思い切って改善に乗り出しました。

ついでに気になっていた動線も改善させるために、ものの配置を見直しています。

今回やったことは以下の3つ。

  • 棚を追加
  • 収納ケースの買い替え
  • ものを入れ替える

たったこれだけですが、動線が改善し、収納力もアップさせることができました。

スポンサー リンク

キッチンはやるべきことが多い場所

キッチンって、わりと動きの多い場所ですよね。
冷蔵庫から食材を取りだしたり、調理道具を出したりしまったり、あれもこれもと道具をたくさん使う場所です。

そういった場所ほど、動線を意識した改善が必要です。

調理道具はライフスタイルの影響も大きいので、多いから悪いというものでもありません。

多くてもいいのですが、動線が悪いことでせっかくの道具が生きてこなかったり、長時間労働になりやすい調理自体が苦痛に感じることも多いもの。

ものの配置を変える、ほんの少し収納力をアップさせる。
たったこれだけで、意外なほど動線が改善したりするものだなって感じています。

収納棚を追加

収納棚を追加

木材を使って、棚を増設しました。
使ったのは自宅にあったものを利用したのと、追加で1本だけ購入したので、掛かったお金は150円くらいですね。

SPF材

DIYの良いところは、あとからいくらでも作り直せるとことです。

とはいえ、母のDIY歴は30年以上とベテランの域。
わたしはここまで作れないため、DIYで作るにも限界があります(笑)

既存の食器棚であれば、コの字ラックを使って収納力を増やしたり、追加パーツを使って増設する方法もあります。

コの字ラックは収納力アップだけではなく、食器を取り出しやすくできますよね。
100円均一にも売ってありますし、ホームセンターやインテリアショップでも素敵なデザインのものがあります。
 
比較的安い価格で収納が改善できる、優秀な収納グッズです。

シンク下・コンロ下の開き戸は使いづらい

シンク下やコンロ下の収納ですが、いまは引き出しタイプになっていることが多いですよね。
とっても使いやすそう!

でも、残念ながら、わが家の扉は開き戸タイプです。
そのため、非常に使い勝手が悪いのです。

扉をあげて、しゃがんで、奥を覗き込んで、ものを取り出す。

アクション回数が多いです。
しかも、そんなに広くないキッチン。
できるだけ効率よく使いたい。

DIYで引き出し収納に作り変えることも検討しましたが、労力もかかるし、技術もないため、大掛かりなことはせず、背面収納を改善させて対応することにしました。

引き出し収納

引き出し式の収納、すき間収納っぽいものですが、こちらを買い換えることにしました。

カインズのすき間ストッカー

カインズのすき間ストッカーです。
引き出しは4段のもの。

引き出し

(落書きされてますが。笑)

これまでより浅めの引き出しです。
かつ、段数は増えました。

引き出しの中には、シンク下にあったものを中心に、収納する場所がなくて出しっぱなしになっていたものなどを収納。

タッパー

無印良品のタッパーがきれいにおさまりました。
他にも、ご飯を冷凍するためのタッパーや爪楊枝、竹串などの道具を入れてます。

キッチンの道具

シンク下に入れていたもの、キッチンペーパーやふきんのストックなど。

レジャーグッズ

レジャーグッズも、これまでシンク下に収納してましたが、一番深い引き出しに入れられました。
毎日使う水筒がすっぽり入るので、とても便利になりました。

ペットボトル

こんな風に、ペットボトルもすっぽり入る深さです。

すき間ストッカー

同じシリーズでそろえたので、見た目もすっきりですね♪
片方は、食材ストッカーとして活用しています。

Amazonで「すき間ストッカー」を探してみる

キッチン収納を改善して

キッチンの収納改善

リビングの食器棚兼書棚に入っていた食器を、キッチンに移してきました。
これで、食器などをすべてキッチンの内部で管理できるようになったので、動線もまたさらに改善しました。

シンク下も、余計なものが入っていないので、使用頻度の低いものだけを入れられるようになりました。

シンク下

それと、たまに収納を見直すことの良い効果として、賞味期限切れストックを見つけられるってことでしょうか(笑)

缶詰の期限切れ

今回も、おそろしいものを見つけました……。
何度も収納改善をしていますが、こうしてまた見つけてしまうなんて。
意外とあるものですね(笑)

キッチンの収納力をアップさせたことで、ほかのスペースにゆとりができました。
今回は、シンク下と、リビングの食器棚兼書棚ですね。

収納をむやみに増やすことは、ものを増やすことにもつながるため、あまりおすすめしません。

ですが、動線を改善するために収納力をアップさせることは、暮らしの質を高めることに直結します。

ある程度ものを絞り終えているなら、次は動線の改善、暮らしの質アップのために、収納やものを見直してみると、またよりよい改善につながるんではないかな、と感じています。



★こちらの記事もどうぞ★

  • ひと目で買取比較ができる楽天買取でゲームを4,100円で売却
  • 入園・入学準備&参観日に1つは持っておきたい携帯スリッパ
  • 食材は必要なものだけ。おいしっくすでもっと便利に、ストレスフリーに。

  • この記事が気に入ったら
    いいね ! しよう

    PAGE TOP