体に合った服を着る。「もったいない」のもやもやを捨てて、じぶんに合ったものを取り入れる

体重が10kgも減ると、下着や洋服を買い換えたくなりますね。

洋服

ダイエットをはじめてから、約10kg減らせました。
いまは筋力トレーニングに励んでいますが、なかなか先に進めません(苦笑)

最近、下着をほとんど買い替えました。
というのも、10kgも減ると、ワンサイズ小さくなったんですよ。

これまで身につけていたものが、かなりぶかぶかになって、なんだか着ていて全然ときめかないんです。

それでも我慢して履いたほうがいいのかどうか。
ちょっと悩みつつ、全部買い替えです。

スポンサー リンク

気になってることは、すぐに解決

わたしも、すぐに買い替えたわけではなく、しばらく着ていたんですよ。
我慢して。

でも、やっぱり履くたびに、着るたびに、なんだかもやもやする。
ぶかぶか。かぱかぱ。

せっかく痩せたのに、いつまでもこの下着を身につけておくのって、なんだかいつでもリバウンドしてもいいよって感じもしなくもない(笑)

買い替えるとしても、お金だって掛かりますよね。
もったいないなあ〜って悩んでいたんですよ。

でも、その「もったいない」という気持ちが、新しいものを取り入れることを邪魔していたりします。

もちろん、もったいないといって使い切る計画を立てることは大切ですが、それは使いきれるものかどうか、というのも関係してきます。

下着は洋服は、穴があくのを待っていると、いつになるかわかりません(苦笑)
体に合ってない洋服を着ていれば、それだけでズボラさんに見えてしまうかもしれませんよね。

もう年齢も若いとは言えない。
40代を前にして、シャンとした格好もしていたい。

ということで、下着を買い替え。
今度、ジーンズなどのパンツ類も見直してみる予定です。

お腹まわりがぶかぶかなのを、ベルトで締めて履いている状態。
サイズが合ってないことがよくわかってしまうので、もう少し体にフィットしたものを買いたいですね。

ついでに、プチプラで着まわしがきくものを選べたら最高ですが(笑)

わたしはおしゃれが得意ではないので(笑)、最近、こんな本を買いました。
できれば服選びに失敗はしたくないですもんね……。

my fashion book

ユニクロや無印など、手が届きやすい価格帯の洋服のコーディネートが載っています。
また、著者ご本人にお子さんがいらっしゃって、年代も近いため、内容に共感もしました。

配色

こうして、配色のことが載っているのもわかりやすくていいですね♪

 
下着とか、普段人に見せないような部分の服ですが、じぶんは毎日見て、身につけているわけですよね。

本当に、ささいなことなのかもしれません。

でも、「なんだか違和感がある。」「もやもやする。」といったことは、解決させ、心をすっきり保ったほうがいいような気がしています。

なによりも、下着を買い替えてから、痩せたという成功体験がより一層刻まれて、もう少しがんばれそうな気がしているから。

ご褒美ではないのですが、なにかに成功したら、その成功を祝うことも大事なのかもしれませんね。



★こちらの記事もどうぞ★

  • ひと目で買取比較ができる楽天買取でゲームを4,100円で売却
  • 入園・入学準備&参観日に1つは持っておきたい携帯スリッパ
  • 食材は必要なものだけ。おいしっくすでもっと便利に、ストレスフリーに。

  • この記事が気に入ったら
    いいね ! しよう

    PAGE TOP