終わらない片付けからの脱却!起きたらベッドを整える。これが1日のはじまりです。

 

こんまりさんの本を読み返していました。
 
ベッド
こんばんは!
片付け修行中のゆみちん@yumi_HappyStyleです(´∀`)ノ
 
ずっと借りっぱなしのこんまりさんの本。
近々返そうと思い梱包していたのですが、ふと手にとって開いてしまったが最後。
1冊ほど、また読み返しています。
 

片付けに追われる毎日になっていませんか?
 
ええと、はい、なってます(´・ω・`)
どうしたら片付けなくても大丈夫な日がくるんだろうかと、そんなことばかり考える毎日です。
 
 
スポンサードリンク

 
 
この「毎日がときめく片付けの魔法」の冒頭に、朝の理想の過ごし方を思い描いてみるくだりがあります。
そもそも片付けが終わらないのは、理想の暮らしが具体的に思い描けていないからだ・・・ということも書かれているんですね。
 
理想の朝の過ごし方ですか・・・(´・ω・`)
ひとまず、
 
子どもが手を離れてから考えますわ(´・ω・`)
 
って、結論じゃダメなのはわかってます、はい。
そんなこと言ってたら、言い訳して先延ばしにしてるだけですもんね。
 
とりあえず、なんでもイヤイヤ・パパもイヤイヤ(通称パパイヤ)期の2歳児が落ち着くまでは、できることなんて限られています。
朝に弱いゆみちん(ついでに言い訳しますが、夜に仕事してます。)は、長女の朝ごはんは夫に支度してもらってるくらいです。
(朝ごはんの準備は、前の夜に済ませています。)
 
そして、夫がでかける時に起こしてもらい、長女とゆっくり会話をしながら洗濯をしたり、いっしょにご飯を食べたり。
わりとおだやかな1日のはじまりです。
長女がでかけるぞってときに、たいがい次女が起きてきますので、そうしたら、あわただしい1日がはじまります。
 
ゆっくりした朝は、ものの1時間で終了です。
次女が幼稚園に入ったら、ゆみちんも仕事が日中にできるようになる(在宅での仕事)ので、夜更かしせずともよくなります。
あと1年の辛抱です。
 
話がそれました。
 
そんなわけで、なかなか未就園児を抱えたお母さんに、ゆっくりと朝を味わう時間なんてなく。
せいぜい、ベッドを整えるのがせいいっぱいなわけですね。
 
でも。
 
ほぼ徹夜が続いていたときには、ベッドを整える余裕すらなかった時期もありますから、ベッドを整えられるようになっただけ、よくなった気がします。
 
夫は、毛布の敷き方にこだわりがあるので、好みの敷き方をしておくと、寝る時に喜んで・・・くれているハズ(´・ω・`)
いっしょに寝ないのでわかりませんが。
 
ベッドを整えておくだけで、夜寝るまえのひと手間が減らせる。
ちょっとだけ、ていねいな暮らしができている風で、気分がいいですね。
 
ちなみに。
 
掛け布団をばっさりあげているのは、通気性をよくするためです。
こうすることで、乾燥をうながし、ダニの繁殖をおさえているわけです。
 
そして、窓は午前中いっぱい開けています。
 
雨の日はあまり効果はありませんが、たったこれだけでもカラッとします。
とっても気持ちいいですよ。
 


スポンサード リンク


★こちらの記事もどうぞ★

この記事が気に入ったら
「いいね!」してね

最新情報をお届けします

Feedlyに登録すると更新情報が届きます。
follow us in feedly
Instagram ← インスタ始めました。

シェアしてもらえるとうれしいです。