実家の玄関はものすごい靴の量。持ちすぎない暮らしを家族で取り入れるには。

2017年5月29日

モノは多いけど、工夫はすごいと感じています。
 

うちの実家は、モノが多いと感じます。
ですが、いたるところに工夫がされているので、あふれているという感覚はあまり感じません。
 
収納の工夫はいたるところにされています。

スポンサー リンク

家族のせいにするまえに、じぶんのものを見直す

持たない暮らし・持ちすぎな暮らしなど、ミニマリスト的生活をしようと思っても、家族という名の壁がたちはだかります。
 
どんなに持たない暮らしをしようと思っても、家族がいると協力なしにはできない。
 
じぶんひとりが持たないようにがんばっても、家族がモノを増やしていきます。
 
玄関の様子を写真に撮ってみてわかりました。
わたしの実家のモノが多い原因は、わたしたちきょうだいにあるんだろうということです。
 
母の持ち物は事業用のものは別として、個人用のモノは多くありません。
見渡してみても、本や裁縫道具くらいしかないのではないでしょうか。
 
その本も、ふせんがたくさん貼ってあり、かなり使い込んでいるのがみてとれます。
母にとっては、30年以上前の本でも、なくてはならない大切な本。
 
ところが、じぶんが置いていった本をみると、たいした本はありません(苦笑)
漫画本ばかりです。
しかも、その漫画本のなかも、いまでも読んでしまうのはほんの数冊。
これは、持ち帰ることにします。
ほかは、処分します。
 
母が収納に工夫するようになったのは、わたしたち家族のためだったんだなとあらためて感じます。
 

 
母はモノを増やさないように生活していた。
ここまでモノを増やしてきたのは、わたしたち子ども。

でも、母だけが持たない暮らしをがんばっても、子どもたちは次から次にガラクタを買ってくる(母にとってはガラクタばかりだったでしょうね。笑)

実家が片付いていない原因は、じぶんたち子どもが作り出したのかもしれません。

母は、昔からストック品を持たないタイプです。
箱ティッシュやトイレットペーパーも、なくなってから買いにいく。

冷蔵庫のなかも、必要なモノしか入っていません。
賞味期限が切れて捨てるなんてことはまったくないです。

わたしは、母のなにを見てきたのだろう。
こんなに循環ライフのお手本となるひとが身近にいたことに、いまごろ気づいてしまいました。

家族8人で暮らしてきたわりに、むかしはもっとすっきりしていた。
子どもが大きくなるに従って、モノが増えていった。

子どもたちは家を出ているはずなのに、モノはやっぱり増えたまま。
それは、わたしたち子どもが片付けていないから。

じぶんのモノはじぶんが責任もって、処分しよう。



★こちらの記事もどうぞ★

  • 本を少しでも高く売るなら。自宅から買取りへ出す方法
  • 入園・入学準備&参観日に1つは持っておきたい携帯スリッパ
  • 食材は必要なものだけ。おいしっくすでもっと便利に、ストレスフリーに。

  • この記事が気に入ったら
    いいね ! しよう

    PAGE TOP