片付け開始後、初めて汚部屋を掃除したときのこと。

   2015/04/22

片付けの黒歴史開幕です。
 
ハンドメイド部屋
こんばんは!
片付け修行中のゆみちん@yumi_HappyStyleです(´∀`)ノ
 
今日は、わが家の物置部屋、もとい、汚部屋を初めて片付けたときのことを書きます。
この汚部屋、最初は冒頭の画像ような、わりときれいな部屋でした。
 
3年前、まだハンドメイドや手芸をやっていた(完全なる趣味です。)のですが、その作業部屋にしようと思い、机を運びこんでいました。
しばらくは、この状態で部屋を使っていたのですが・・・
 
スポンサードリンク

 
夫の「この部屋に、収納がほしいよねぇ。」というひと言とともに、こんなでっかい壁面収納を作りつけたんです。
大好きなIKEA製。
書棚を作って、完全なる書斎をめざしていたんですね。
 
書棚
この書棚は、片付けや断捨離を意識するまえに設置したものです。
ちょっといま、うまく使いきれていないことから、どうやって利用すべきか悩み中です。
なんでもかんでもモノ置き場になっているので、とにかく雑多になっております。
(この画像のときは、設置したずっとずっとあとの画像です。設置したばかりの頃の画像が見当たらず。)
 
結局、ハンドメイドも、次女が生まれてから全然できなくなりました。
現在、たまに学校で必要なものを作る程度なので、ミシンはクローゼットにしまってます。
大きな机も不要になったので、片付けにめざめてから、解体してリサイクルに出しました。
 
片付けをはじめてから、かつて書斎にしたかった部屋は、汚部屋とモノ置きを行ったり来たり。
 
汚れ部屋の全貌
これが、最初の汚部屋状態のとき。
その後、ゴミをまとめて、ひとまずスッキリ。
これが、はじめてこの部屋が片付いたときの様子。
 
片付いた
床がピカピカです。
モノとゴミばかりを置いていたので、ワックスがかなり良い状態で保たれています。
人が使わない部屋は、ホコリは溜まるものの、床は意外ときれいなままという。
 
まとめたゴミ
これだけのゴミをまとめました。
捨てるまでは罪悪感でいっぱいになりますが、捨てるときは爽快です。
 
そして、また現在は汚部屋になっていて。
いつになったら片付くのか。
片付けって、いつか終わるんでしょうか。
 
いや、こんまりさん流にやっていけば、必ず終わりがやってくるハズ!
 

 
一気に片付けられないので、なかなか片付かないわが家です。
ほんとは一気に片付けたほうがいいのはわかりますが、次女の妨害が入るので、チビチビしか進まず。
 
次女が幼稚園に入園したら、やりたいことがいっぱいありすぎて、逆に進まなさそうですが(´・ω・`)
・・・片付けたい。
 


スポンサード リンク


★こちらの記事もどうぞ★

この記事が気に入ったら
「いいね!」してね

最新情報をお届けします

Feedlyに登録すると更新情報が届きます。
follow us in feedly
Instagram ← インスタ始めました。

シェアしてもらえるとうれしいです。