ほんとうに好きなモノだけを選ぶために、じぶんにできること。

2017年1月2日

良い本を教えてもらったので、早速買ってみました!
 
公式テキスト
整理収納アドバイザー1級の予備講座を受けて、感じたことがあります。
それは、理論や概念だけでは、部屋は片付かないひともいるかもしれない、ということ。
 

スポンサー リンク

片付けるまえに考えたい「じぶんらしく暮らす」意味

整理収納の理論には、ステップという言葉がでてきます。
モノを見極め、選び、残し、動線を考えながら収納を完了させる、いわば道のようなものです。
 
だけど、そのステップを始めるまえに考えるべきことがあるのではないか、と。
 
これは、片付ける以前の問題であり、そのひとにしかわからない「課題」をかかえているんじゃないかな、と感じています。
 
考え方や感じ方がそれぞれ違うように、そのひとに合った片付け方があるはず。
 
頭で考えて理論的に片付けていくのか。
それとも、もっと心で感じて、直感的に片付けていきたいのか。
 
整理収納の理論や概念を学びながらも、感じたことをツイートしていたら、ツイッターでよくお話させていただいてるNONさんから、ライフオーガナイズの公式テキストを教えていただけました^^
 
写真がいっぱい!
とても素敵な公式テキストです。
 
ライフオーガナイザーという資格は知っているものの、何をするのかさっぱりわかっていなかったのですが、この本で知ることができました!
 
公式テキストは市販されています。
中盤に書かれている、脳タイプの診断は早速やってみたいところ。

部屋をすっきりさせて、じぶんらしい暮らしがしたい。
だけど、じぶんらしいってなに?
わたしはなにが好きなの?
 
片付けるまえに、わたしはこんなことをよく考えていました。
 
だけど、現状を変えるまえでは、ボヤンとしてよくわからないものかもしれません。
片付け始めてから、案外じぶんがわかってくるかも。
 
好きなモノがどんなものなのか、やっぱりいまもわからないけれど、片付けるうちに自然と「残っていく」モノが、わたしや家族が持っていて心地よいと感じるものなのだろう、と思います。
 
片付けは、いらないものを捨てることではありません。
好きなモノを残していく作業です。
 
最初は勘違いしていましたが、いまは「残す」にフォーカスして片付けるようにしています。



★こちらの記事もどうぞ★

  • 本を少しでも高く売るなら。自宅から買取りへ出す方法
  • 入園・入学準備&参観日に1つは持っておきたい携帯スリッパ
  • 食材は必要なものだけ。おいしっくすでもっと便利に、ストレスフリーに。

  • この記事が気に入ったら
    いいね ! しよう

    PAGE TOP