MENU

バルコニーの片付け祭り!また手放せそうなものを発掘しました

連休は、ひたすらに片付け祭り。

k15050301

長女の自転車を買い替えました。

これまで、幼稚園児が乗るような16インチの自転車にむりやり乗っていたのですが、さすがにもう限界で。
22インチを買いました。

マンションなので、駐輪場に自転車を置くのにも管理費がかかります。
お金ももったいないのですし、屋根があるとはいえ屋外なので、放置しているとあっという間にサビてしまいます。

そこで、当面使う予定のない16インチの自転車をバルコニーに収納することにしました。
掃除をすることにしたのですが、なぜか片付け祭りに移行しました。

目次

バルコニーを片付ける

バルコニーは広いです。
入居してすぐに、冒頭の画像のような収納を設置しました。

k15050303

ベビーカーなどを収納する予定だったのですが、そんなに大きくない収納なので、スノーボード用品を収納したらぎゅうぎゅうに。
もう、行く機会もないので、ずーっとここに収納されたまま。

中に入っているとはいえ、砂ボコリがすごくて、あけてびっくり砂まみれでした。
とりあえず、全出しです。

k15050304

ぞうきんで、しっかりと汚れをふき取ります。
マスクは必須です。

もともとは掃除をする予定だったので、バルコニー上をしっかり掃いてゴミを取り除き、水をまいてゴシゴシこすります。
階下の迷惑にならないよう、少しずつ、少しずつやっていきました。

k15050305

全出しした状態です。

あー、ほんと、まだまだ処分できそうなものが出てきました。
とくにプランター用の土ですね。

じぶんで買ってないです。
母が遊びに来たときに、なぜかチューリップを植えて帰ったので、その残った土などが置いてあるんです。

マンションのベランダガーデニングがはやっていますが、土の処分はどうしてるんでしょうね。
消防法にもひっかかりそうなので、わが家では今後もやる予定はありません。
使う出番のこない土たちの処分方法調べねば。

スノーボードやショートスキー、ブーツ類も手放し対象です。

しょっちゅう雪山に行っていたときは、仲間たちみんな自分の板を持って、手入れもしっかりしていたので、じぶんも同じようにしていました。
ホットワックスもじぶんでかけたりして、ちゃんとメンテナンスしていたんです。

でも、今後はそこまでのめりこむこともないですし、体力的にものめりこめないですね。
そもそも千葉に雪山がありません。
10年以上前のシロモノなのですが、買い取ってもらえるのでしょうか。

片付け祭りから、ワンアクションくらいで手放せるのがベストですが、すぐにどうこうできるモノではないのが困りものです。

かといって、もとに戻してしまうとまた処分が先に延びてしまうでしょう。

まずは、処分方法を調べてみます。

気に入ったらシェアしてね!

関連記事

目次
閉じる