片付けたあとの部屋に住むのはあなた。競うようにモノを捨てても、その先に幸せなんてない

 

完璧になんて、できなくていい。
 
いまのリビング
片付けがうまいひとや、部屋がすっきりしているひとのブログをみて、じぶんを比べて落ち込んで。
わたしも、よくそんなことをしていたなぁ・・・。
 
もし、わたしのブログをみて、ああ、ゆみちんさんち片付いている!それに比べてわたしなんて・・・って感じているひとがいるのなら、そんなに落ち込むことはないよって言ってあげたい。
 
わたしの部屋も、いいところしか写ってないかもしれませんよ?(笑)
 
スポンサードリンク

引越し料金を下げたくて始まった、わたしの片付け病

わたしが片付けをはじめた理由は、引越し屋さんのひと言がきっかけなのですが、それまではモノは少ないほうだと思っていました。
 
だけど、どうもそうじゃないらしい。
うちはモノが多いらしい。
だから、引越し代も高いらしい・・・
 
よく考えれば、もしかしたら営業トークだったかもしれませんよね(笑)
 
だけど、実際に片付けてみて、じぶんの家にはこんなにたくさんのモノがあったのかと、気づくことができました。
結果オーライでした^^
 
わたしは、引越し代を下げたくて必死になって片付けてきましたが、引越しが終わってからのほうが、たくさん片付けたように思います。
 
それはね、持たない暮らしをされている方たちの家をみて、刺激されたからなんです。
モノを減らそうと思って、断捨離系のブログを読み漁ったんです。
 
そこで見た、すっきりと片付いた、いや、それを通り越したようなガランとした家。
そして、主張。
 
最初は刺激でしたが、途中から劣等感に変わっていきました。
 
なんでうちはこんなにモノが多いんだろう。
なんで家族は片付けてくれないんだろう。
なんでこのひとの家はこんなに片付けられるんだろう。
 
どうせわたしなんて・・・
 
っていう感じです^^;
すぐにひとと比べて落ち込む悪いクセですね。
よく落ち込んでいました。

わたしだって、できてないよ

ブログを通してみると、わたしは家計管理もバッチリやって、部屋をすっきり片付けようと努力して、整理収納アドバイザーもファイナンシャルプランナーも持ってたりして、前向きに生きているひとみたいですが。
 
たしかに努力していますが、根っこは相当なズボラです。
そして、ネガティブです。
さらに、たまに努力する方向が間違っています。
 
暴露すると、料理は嫌いです(いや、すでにみんな知ってますね。笑)
台所に立つことが苦痛で仕方ないです。
 
ひとが話していることが、いまいち理解できず、よくあっちのほうに意識が飛んでいます。
おっちょこちょいなので、凡ミス多いです。
 
でも、リカバーは早いです。
悪知恵が働くからです(笑)
 
ゲームも大好きなので、ゲームに時間を費やしています。
ゲームなんて、時間とお金の浪費の代表のようなものです。
でも、大好きなんでやめられません。
ゲーマー歴、30年です。
 
ぐうたらすること大好きです。
子どもが遊んでる横で、ぐーぐー寝てるときがあります。
 
夫に暴言も吐きます(笑)
勘違いも多いです。
 
同じモノを何個も買うときがあるほどのうっかりさんです。
モノの管理ができてないんだから、タスク管理なんてできません。
 
だけど、それもわたし。
 
そう受け入れてから、片付けることが楽しくなってきました。
 
それまでは、見知らぬ断捨離系ブロガーとじぶんの家を比べて、その家に近づけようと必死になっていた。
モノを悪者のようにとらえて、家から追い出していた。
 
でも。
 
片付けたあとに住むのは、わたしとわたしの家族です。
だれかと競うようにして片付けた部屋に、なんの愛着がわくでしょうか。
 
モノがない部屋は素敵だけれど、その部屋がじぶんで作り上げたくて作ったモノでないならば、まったく快適な部屋ではないなと思います。
 
わたしが、わたしの苦手をカバーできるモノの量にして、管理することができるように改善していく。
 
それが大事。
 
その結果、モノが見える場所に出ていることになっても、持たない暮らし系ブロガーさんのように、なにもない部屋にならなくても、いいんです。
 
たまに、ゆみちんさんのように貯金できるように・・・とか、片付けられるように・・・という魅力的なワードを投げかけてくれる読者さんもいらっしゃって、それはとてもうれしいのですが、わたしのようにならないほうがいいですよ(笑)
 
こんなにも不器用で、めんどくさい女なので。
 
あなたらしく、片付けていきましょう!
あなたの大好きな部屋を、収納を作っていきましょう^^


スポンサード リンク


★こちらの記事もどうぞ★

この記事が気に入ったら
「いいね!」してね

最新情報をお届けします

Feedlyに登録すると更新情報が届きます。
follow us in feedly
Instagram ← インスタ始めました。

シェアしてもらえるとうれしいです。