お部屋も家計もすっきり片付く暮らしの管理術。「枠」の中で生活をすれば散らからない暮らしができます

独身時代のわたしは、部屋もお金も、ものすごく散らかった状態でした。

ごちゃごちゃの洋服

部屋はものでごちゃごちゃ。
お金がなくて、いつも財布の中身の心配ばかり(笑)

しかも、ものを買ってもちっとも楽しめない。
買い物は大好きなのに、いつも罪悪感でいっぱいなんです。

じゃあ、ものを減らせば、お金も貯まるし部屋も片付いていいのかな?って思ったのですが、現実はそんなカンタンな話ではありませんでした(苦笑)

結婚後、片付けに目覚めてからは、ものを増やしたくないばっかりに、必要なものですら、買うことをためらうようになってしまったのです。

こんな買い物の仕方も、ちっとも楽しくありません。

どうやったら心の底から楽しめる買い物ができるのかな?
ものを管理しながら、家計もすっきりするような、そんな方法はないのかな?

そう考えて、たどりついた答えは、「枠を決める」ことでした。

スポンサー リンク

お部屋も家計もすっきり片付く「枠づくり」とは

少し振り返りますが、独身時代のわたしはいつも金欠で、お給料日前になると口座残高は数百円しか残っていないような状態でした。
(借金もあり。)

ものは多いけど、お金がない。
そして、お金の心配ばかりで買い物がちっとも楽しくない。

これが当時のわたしの状況です。

では、片付け始めたあとのわたしはというと、以下のような感じでした。

ものは減った分、貯金も増えた。
でも、ものが増えることに自己嫌悪して、買い物がちっとも楽しくない。

これが、片付け後にとらわれていたわたしの状況です。

お金がなくてものが多い場合は、原因がはっきりしているので、対策もいろいろ立てられそうですよね。
でも、ものがなくてお金がある場合のジレンマはとても厄介なもの。

ものを買うことは悪いことでないですし、必要なものならば惜しみなくお金を使えばいいのですが、「じぶん」がうまく橋渡しできないことで、3つの関係性が悪くなってしまうのです。

ものと、お金と、わたしの関係性を改善させるために、経験を生かして「枠」を決めていくことにしました。

枠といっても簡単なことで、わたしは以下の2つの枠を作りました。

・家計の予算
・収納のスペース

お金の掛けすぎは、「予算」という枠を決めることでセーブします。
ものの増えすぎは、「収納スペース」という枠を決めることで抑えるようにしたのです。

この2つの枠を決めてから、わたしは買い物がとっても楽しくなりました。
ものを増やすことへの罪悪感も後悔もありません。

どうしてそうなっていけるのか。
枠を決めるメリットから、それぞれ解説しますね。

予算を決めるメリット

予算を決めるメリットは、使いすぎを防止することにあります。
ただ、それだけではなく、ほしいものを見極めるちからも身についていったのです。

財布

家計の断捨離。ほしいものはしっかり買うのにお金が貯まる暮らし方をしています

さらに、買うタイミングもきちんと考えるようになったんですよ。

本当に必要なものだけど、あと1ヶ月待てばセールがあるからそのときに買おう!とか。
同じものでも少し安くなるタイミングがあれば待ってみたり、すぐにほしい場合は、値切り交渉などをするようにしています。

限られた予算という枠をどう活用するのか。

そういったことを真剣に考えるようになったので、予算意識が身につき、無駄な買い物が減ったという良い効果が得られました。

そのためか、ものが増えるペースも抑えられるようになってきましたよ!

収納スペースを決めるメリット

あらかじめ収納できるスペースを決めておくことは、ものを増やさなくて済むということです。

なにかを買うときには、収納の状態を事前にチェックするようになりました。
収納にゆとりがないのであれば、まずは片付けるようにしています。

以前は、買ったのに全然入らない!なんて失敗もありましたが、いまはまったくありません。

それだけではなく、つねに在庫のチェックをしたいなと感じるようになったので、片付く仕組みづくりにも取り組めたんですね。

廊下の収納

収納はテーマで決まる!ひと目で在庫が確認できるわが家の廊下収納庫ビフォー・アフター

この収納庫の改善以来、重複買いも減ったんですよ!
ものの管理方法を見直すだけで、家計にも良い効果が得られたようです。

枠という制限を設けることで満足感が得られる

人は、あればあるほど使いたいと思う生き物なのかもしれません。
また、自由であればあるほど、実はうまくコントロールができないのかもしれませんね。

わたし自身、予算の「枠」、収納の「枠」を決めてから、家計もお部屋も管理しやすくなりました。

ものが増えすぎることもなく、お金を使いすぎることもなく、とてもバランスが取れた生活をしています。

洋服の予算、家具の予算、家電の予算、教育費の予算・・・
いまでは、あらゆるものに予算を設けて、その範囲内で生活することを心がけています。

やりくりが大変なときもありますが、

予算の範囲内であれば、パーッと使ってもいい!
目的のために使うなら、0円になってもいい!

そういったメリットがとても大きいので、ストレスを感じることはありません。

コツコツと貯めた家電積立を、欲しかった掃除機に使えたら最高ですよね^^

お金の使い方は、ものと密接に関係しています。

家計に工夫をすれば、ものの持ち方も変わってきます。
ものの持ち方が変われば、部屋もすっきりしてきます。

家計も部屋も一気に片付けてしまいたい方は、まずは、両方の「枠」を設けてみて、そのなかで管理するクセを身につけると、効果も早く感じられるかもしれませんね!



★こちらの記事もどうぞ★

  • 本を少しでも高く売るなら。自宅から買取りへ出す方法
  • 入園・入学準備&参観日に1つは持っておきたい携帯スリッパ
  • 食材は必要なものだけ。おいしっくすでもっと便利に、ストレスフリーに。

  • この記事が気に入ったら
    いいね ! しよう

    PAGE TOP