部屋を片付けられない女が、劇的に片付けられるようになったシンプルな方法

   2016/06/17

掃除は好きなんですが、片づけと収納が大の苦手でした・・・
でも、いまはバッチリ片付けられるように。

壁面収納
部屋が片付けられない・・・
どうしてモノがあふれるんだろう・・・
片付けても片付けても片付かない・・・

わたしは、独身の頃から片付けられない女でした。

母から、あんたの部屋はゴミ溜めだね!って、よく言われていました。

でも、別に困らないんです、それでも。
実家なので彼氏だって呼べませんし(笑)

でも、さすがに結婚して子どもが生まれてからは、ゴミ溜めにしておくわけにはいきません。

小さなモノが落ちていると、飲み込んだりして子どもの命に関わります。

やばい!片付けよう!
そう決意してから、片付けるようになりました。

でも、全然片付かない・・・
片付けているつもりなのに!
どうして??

片付かない理由はただ1つ!モノが多いだけです

理由といっても、本当はとてもシンプル。

持っているモノがただ多いだけなんですよ。

じぶんが管理できる物量をはるかに超えているだけです。
収納に入りきらない物量になっているだけです。

そうすると、当然モノがはみ出しますよね。

はみ出たモノはどこに置かれるかというと、床やキッチンカウンター、椅子の上、テーブルの上などです。

ごちゃついたカウンター
ゴチャゴチャしている感じが伝わってきますね。

モノが多いと収納に入らないだけではなく、片付けること自体にめんどくささを感じてしまうでしょう。

めんどくさいなぁ・・・
収納パンパンだからどこにもしまえない・・・
どこに置いても散らかるばっかりで片付ける気にもならない・・・

だから、片付かない。
モノが多いというだけで、エネルギーを奪われてしまっている。

全然片付かない・・・なんて悩んでいないで、不要なモノをさっさと捨てに行きましょう。

捨てるなんてもったいない!なんて言っている場合ではありません。
モノを収納におさめない限り、ごちゃついた部屋は改善しませんよ。

買わなければモノは増えない!

片付けるのがめんどくさいと思うなら、片づけが必要ないくらい、徹底的にモノを減らしていけば解決します。

難しいことではありません。
わたしは、とことんモノを減らしてきました。
まだまだ減らせると思っています。

コスメグッズ
メイクグッズもこの程度。
外で働いているわけではないので、いらないんです。
最低限でいい。

化粧品1つとっても、ムダはあると思います。

試供品、使いかけのマニキュア、いつのかわからない爪磨きセット、少しだけ残った化粧水、何年か前に流行った化粧下地・・・

使うものだけ買う。
使い切ってから買う。

そう決めるだけで、モノは劇的に減ってきます。

捨てるのがもったいない!と思うなら、いますぐ使い切るモノを決めるといいですよ。
どれから使い切りましょうか^^

わたしも、もったいないなぁと思ったものは、使い切るようにしています。

使い切り続ければ、いつかモノは自然と減っていきますよ。
ただ、時間は必要ですけどね。

高度な収納テクニックを求めない!

ありがち。
モノの量をじぶんで決めることができていないうちから、きれいに収納する方法を勉強しなくてもいいんです。

次女のアクティブ領域
見せる収納テクニックや隙間なく詰め込む収納が良い収納、というわけではありません。
収納でいちばん大事なのは、

使うモノだけが入っているか
使うひとが使いやすい配置になっているか
モノの位置が決まっているか

この3点です。
これを決めていくのが収納です。

きれいに収納するテクニックよりも、モノを厳選するスキルを伸ばしていきましょう。

片付けの極意とは

片付けられない・・・なんて悩む必要は全然ありません。

いらないモノをどんどん捨てる
必要なモノだけを持つ
モノの定位置を決めて、使ったら戻す

この習慣を身につけるだけで、部屋は劇的に片付きます。
収納改善に工夫をこらすよりも先に、まずはモノを選んでいきましょう。

使っていないモノ、もう使いそうにないモノを1つ捨てるだけでも、部屋は少しずつ片付いていきますよ!

効果的な片付けの方法はこちらにまとめています。
子ども部屋の片付け祭りビフォーアフター。整理収納メソッドで、ここまで片付けることができました

片付けに才能なんていらない。だれにでもできる片付け術。
 
【片付け祭り】家電・紙ゴミ・ガラクタ、数えきれないほど処分しました。




★こちらの記事もどうぞ★

この記事が気に入ったら
「いいね!」してね

最新情報をお届けします

Feedlyに登録すると更新情報が届きます。
follow us in feedly
Instagram ← インスタ始めました。

シェアしてもらえるとうれしいです。