【消耗品を見極める】生活に合った物量を意識したら、洗濯用洗剤がここまで減りました

 

以前は、洗濯機のうえに設けた収納が、洗濯用洗剤で埋め尽くされているほどでした。
 
洗濯機うえの洗剤
洗濯機の上です。
ここには、洗濯用洗剤、お風呂用洗剤とクレンザー、そして入浴剤が置いてあります。
 
濡れたバスタオルやバスマットが掛けられるようになっている、ホームセンターで買った収納棚ですが、もう、いらないなぁって思えるくらい、ここに置くものがなくなってきました。
 
ものがないほうが良い……のではなく、使うものだけ置くことで、すっきりとした暮らしにできます。
 

少しずつ、少しずつ減らしてきました

洗剤のストック
ストックがあるうちは、買わない。
 
そのように決めて、使い切ることを優先するだけで、消耗品は減ってきます。
わが家は、そうして少しずつ減らしてきました。
 
だって、捨てるのにはもったいないですもんね(笑)
 
食材と違い、洗剤は傷むものでもありません。
使い切ればいいだけ。

 
ただ、使い切りながら減らすためには、現在のストック量を把握しておく必要があるわけで。
買いすぎてしまうから、ストックも増えてしまう……。
 
ストックリストを作るのもよし!ですが、わたしの場合、ずぼらだから買い溜めてしまったのです。
 
なので、やってきたことは、買い物には、ちょっとストックに目を配ってから行くこと、です。
洗剤の棚に目を配ることで、まだあるな、と確認することができますよね。

ライフスタイルから見直して片付ける

これは、まだある。
 
スーパーで買い物をするときに、そうやって意識するだけでも、ものを増やさずに済みます。
 
ものを減らす方法が「捨てる」だけではないと、このブログでもよく書いていますが、買い物をするときに、少しだけ気を使うだけで、ものを減らすこともできるのです。
 
片付けは時間が掛かってもいい。
なぜなら、ライフスタイルの再構築も必要だから。

 
ただものを捨ててすっきりしたとしても、生活スタイルや買い物のスタイルが変わらなければ、またリバウンドしてしまうのです。
どれだけ一気に、大量に、どん!と捨てたとしても。
 
じぶんの暮らしにあった物量で暮らすこと。
 
それを意識して片付けてきた結果、洗濯機の上の収納棚すらいらなくなるくらい、洗剤が減らせました。
ものの管理が行き届き、在庫チェックも簡単です。
 
持ちすぎない暮らしは、とても心地良いものですね。



この記事が気に入ったら
いいね ! しよう


★こちらの記事もどうぞ★ Feedlyに登録すると更新情報が届きます。
follow us in feedly
Instagram ← インスタやってます。

★出版しました★ トラック1台で引っ越せる物量で暮らせる「循環ライフ」
>>レビューまとめページはこちら

当ブログにある画像・文章をまとめ系キュレーションメディアおよびNAVERまとめ、個人ブログ等で引用・転載を超えた範囲で使用しないでください。著作権はすべて当ブログ管理人に帰属します。(ただし、フリー素材は除く。)
文章、画像等のコンテンツを利用されたい方は、フェイスブックページよりご連絡くださいませ。
フェイスブックページ:Junkan-Life