家族のモノを片付けるということ。夫の拒否反応から考えた「暮らし方の違い」のこと。

   2016/04/17

いまは、夫自身がミニマリスト化してきています。
 
ミニマリスト
夫の帰省時の荷物です。
以前はいちばんの衣装持ちでしたが、いまは、いちばん少なくなってるかもしれません。
トランク1つの荷物でいけそうなくらいの、ちょっとしたミニマリストへ。
 
そんなミニマリスト化していく夫ですが、わたしが片付け始めた頃は、結構な拒否反応を示していたんです。
 
スポンサードリンク

片付けは暮らし方の再構築。

情熱大陸に、こんまりさんが出演されていました。
こんまりさんは、ときめきを大切にして「残すモノ」を決める片付け祭りを提唱されている方です。
 

著者/編集:近藤麻理恵
毎日がときめく片づけの魔法 [ 近藤麻理恵 ]
 
あるご家庭の片付けをされているところが放送されていました。
 
片付けをされているご家族の旦那さんが、「捨てる」ことに抵抗感をあらわにし、「ただ捨てるのは嫌い」とまでおっしゃっている場面がありました。
 
タオルでも、とことんまで使ってこそだ、と。
使ってないから捨てるというのはもったいないし、そういうのは嫌いだからしたくない、と。
 
実は、わたし自身も、断捨離ブームがきたときは、ものすごく嫌だなって感じていたタイプです。
なんでもかんでも捨てて、使い切ってからでいいじゃん!と。
 
だけど、じぶん自身が片付けはじめ、また、整理収納アドバイザーを受講してから、
 
片付けは、暮らし方の再構築にすぎない。
 
と思うようになったんです。
情熱大陸でのこんまりさんも、どういう暮らし方がしたいのかが大事だと、伝えてらっしゃいました。

暮らし方は、家族それぞれで大きく違う。

暮らし方。
これって、家族それぞれで違いがあると思います。
 
まず、夫婦でもライフスタイルが違います。
専業主婦、兼業主婦、サラリーマン、学生、乳幼児のいる家庭、ペットのいる家庭・・・属性が違えば、暮らし方も変わりますし、1日のタイムスケジュールも変わってきます。
 
とすると、理想とする暮らし方も違ってきますよね。
 
見ている方向がバラバラなのですから、部屋もなかなか片付かない。
片付けが進まない。
 
同じ属性でも、時間があまりとれず、買い物にストレスを感じる方は、ストックを多く必要とするかもしれません。
 
でも、時間があまりないからこそ、掃除の時間を減らしたくて、モノは必要最低限あればいいと思っている方もいるかもしれません。
 
同じ属性にあっても、見てるところが違えば、変わってきますよね。
ストレスを感じるところが違えば、考え方も違ってきます。
 
考え方の違いは、暮らし方の違いに出てきます。
 
モノを捨てることばかりが断捨離や片付けでフォーカスされがちですが、片付けの本質は、どう暮らしていきたいのか、というのがとっても大事だということ、なんですね。

それでもモノは増えていく。

モノを使い切るって大事なことだと思います。
だれだって、ボロボロになるまで使い込んだあとに捨てたいと思いますし、まだまだ使えるのに捨てるのは、「もったいない」と思うはずです。
 
しかし、入ってくるモノの量が多く、出て行く量が少なければ、一向にモノは減りません。
ストックのために、収納グッズを買い足したり、入らないから床に積み上げたり。
 
わが家もまさしくこの状態でした。
モノが増えるから収納を買い、それでも入らないから溢れ出ていて。
 
3LDKのマンションの1部屋は、数年もの間、汚部屋と呼ばれている始末。
どこかで区切りをつけないと、もうモノを置く場所はありません。
 
汚部屋
この状態を続けてしまえば、家具やモノであふれて、人がくつろぐ場所がなくなってしまいます。
 
それに嫌気がさしたわたしは、片付けはじめました。
捨てること、断捨離に拒否反応はあったものの、モノを捨てなければ、くつろげる空間が手に入らないとわかったからです。
 
これ以上、モノが増えたらたまらない。
 
家のことを管理しているのは、当時専業主婦であったわたしです。
わたしが管理しているのだから、毎日毎日片付けでイライラしたくなかったわけです。
 
もううんざりだ!
掃除に時間をかけたくない!
いい加減、汚部屋をなくしたい!
モノを減らして、すっきり暮らしたい!!!

 
だったら、もうモノを減らすしかない。
使い切る前に次がやってくるんだから、一度思い切り手放さないと、もう、無理だ!・・・と。
そして、トドメの引越し屋さんの「モノが多い」というひと言・・・。
 
そこから、モノと向き合って、暮らし方の再構築をはじめました。
 
冒頭にも書きましたが、当時、夫はわたしの片付けに、かなりの拒否反応を示していました。

片付けは押し付けない。暮らし方は違うのだと心得よう。

どうして拒否反応を示していたのか。
それは、
 
夫のモノまで片付けようとしていたから。
 
ただそれだけです。
わたしが片付けているのだから、あなたもモノを減らしなさいよ、ときたわけですね(苦笑)
 
だけど、暮らし方が違う、見ている方向、考え方が違う限り、モノとの向き合い方もまた違ってくるわけで。
 
じぶんの考えや片付け、暮らし方を家族に押し付けてはいけないんです。
家族とは、共存できる方法を考えなくてはいけませんよね。
 
ほんとうは夫にもモノを減らして欲しかったのですが、あまりにも拒否反応を示すので、あきらめて、じぶんのモノを先に片付けることにしました。
 
洋服は7割減らして、スッキリクローゼットになりました。
 
そして、子どものおもちゃを減らし始めました。
ここは、夫もたまに片付けては、イライラしていたところ。
モノが減って、片付けにかかる時間が減れば、たまに片付けてくれる夫のストレスも減るだろうと思ったのです。
 
キッチン、収納庫、本、おもちゃ、使わなくなった裁縫用品・・・夫以外のモノをどんどん片付けていきました。
 
収納庫
かなりすっきりしてきた頃、少しずつ、夫が協力してくれるようになったんです。
どういう心境の変化かわかりませんが、片付けはじめたら、積極的に手伝ってくれるようになりました。
 
そして、とうとうじぶんから、片付けるといって、断捨離をはじめてしまったんです。
 
こんまり流片付け術で夫の洋服をときめきチェック!祭り後は、ゆとりのタンス。

半径1メートルの片付けから始めよう。

先日手放したダイニングテーブルも、ごっそりとモノを捨てた子どもの勉強部屋の片付けも、夫が言い出したことなんです。
 
とうとう、わたしよりも潔くモノを手放していくようになりました。
おそろしい変化です。
 
次は何を手放そうと言い出すか、逆にヒヤヒヤするくらいですね・・・。
 
夫の持ち物、いまはここだけに収まっています。
 
夫の服
夫は、押入れ収納の半分があれば、暮らせるみたいです^^;
 
もし、いまパートナーが片付けなくてイライラしてる方がいたら・・・
 
いったん、あきらめましょう(笑)
あなたの半径1メートルだけ、片付けてください。

 
じぶんのモノだけでもすっきりすればいいんです。
洋服からはじめ、普段じぶんが管理している食器や雑貨類を減らしたり、子どものおもちゃを減らしたり。
 
パートナーが持っているモノ、管理しているモノ以外を片付けていくといいですよ。
そのほうが、いらない夫婦ケンカもせずに済みますしね^^(うちも夫婦ケンカ、しましたよー!)
 
片付けは、いずれ伝染します。
わたしが片付けることで、わたしの家族だけじゃなく、もしかすると、このブログを読んだ方が、共感して片付けてくれているかもしれません。
 
暮らし方の違い、考え方に違いがあり、最初は拒否されるものだと思ってやっていきましょう^^
 
そして、片付けるときには、家族の暮らし方や考え方に違いがあるものだという前提をもって、片付けを始めてみてくださいね。
尊重する姿勢が、理解も生みます。
 
数年かかるかもしれません。
だけど、いずれ、みんなが片付いた部屋の心地よさに気づき、もっともっと片付いた部屋になっていくはずですから。


スポンサード リンク


★こちらの記事もどうぞ★

この記事が気に入ったら
「いいね!」してね

最新情報をお届けします

Feedlyに登録すると更新情報が届きます。
follow us in feedly
Instagram ← インスタ始めました。

シェアしてもらえるとうれしいです。